自然薯掘り&バスフィッシング

自然薯は買うもんじゃねぇ、掘るもんだ!
ってことで自然薯掘りにくわがた散歩道さんと行ってきました。
ホームセンターでヤマイモ掘り専用のスコップ2400円を購入して意気揚々と山に向かいます。
ヤマイモは結構どこでも生えていますが、斜面じゃないと掘るのが大変です。

現地に着いて、ヤマイモを探していると、見るからに達人っぽいおじさんが現れ、頼んでもないのに採り方を教えてくれました。
なんでも、自然薯は木に巻きつくくらい大きく、ツタも根っこ付近で3ミリくらいの太さがないと掘る価値がないそうです。
そのくらいになるとヤマイモは1メートルくらいになっているそうです。
ヤマイモ(自然薯)は一年では枯れず、何年も掛けて太くなっていくイモです。
特に冬の間は、葉っぱの栄養を根に蓄えて次の春を待ちます。
春になると根の栄養を使い、葉っぱやツルを伸ばします。

そんなんで、条件に合う自然薯を見つけてくれて、穴掘り開始です。
a0272033_1115752.jpg
2人で一生懸命ほりますが、でっかい石が出てきてうまいこと掘れません(泣)
最後には動かしようがないほどでかい岩がでてきて、断念しました。

とりあえず自然薯は中断して、バス釣りに変更です。
しかし、寒いのかバスもチーンです(泣)

腹減ったのでご飯を食べに行きました。
a0272033_1175181.jpg
散歩道さんお勧めの「せふり」さんの地鶏飯です。
素朴な味で美味しかったですね。
ここのご主人さんはイノシシ狩りをやるらしく、今度獲れたらおいでと言われました。
イノシシ解体とか非常に興味深いですね。今から楽しみです。

その後、場所を代えて自然薯掘りをしますが、折れたりして全て断念しました。
ていうか、きつい!
達人は掘りやすいところを探すのがうまいんでしょうな。

やっぱり自然薯は買うものですね。
散歩道さんはもう二度としないと言ってます。
ヤマイモ掘り専用スコップはどうすればいいんだ(泣)
[PR]

by katsusesho | 2012-11-25 11:19 | アウトドア