航空英語能力証明 実地試験

航空能力証明の実地試験を受けに大阪航空局に行きました♪
前回受けた学科は合格でしたので、正直、自信はなかったのですが実技を受けに。
試験料は29800円とかなりの高額です。30分くらいの面接試験なのに高いなぁ。

専用の申込書で申請すると、2・3日してから大阪航空局から電話があり、試験日、時間、場所、持ち物を教えてもらいました。
ちなみに持ち物は、印鑑、ライセンス、実地試験成績報告書(航空英語用)、返信封筒、500円切手です。
実地試験成績報告書(航空英語用)は持ってなかったのでホーブンで購入。
200円くらいの紙なのに送料が600円とちょっと不満です。
何にも記入してないんだから信書じゃないだろ、メール便とかで送ってくれよ。

試験会場は大阪合同庁舎4号館です。
a0272033_21553779.jpg

初めての場所だったので、1時間前に現地に到着しました。
待合室かなんかで、最後の詰めでもして待つことに。
中に入って入館手続きをして、試験会場のある2階に進みます。

試験会場の前に着くと、試験官の人が「もう前の人が終わるんで、早速試験しましょう」と…。
ちょ、ちょ、まだ試験時間まで50分くらいあるはずじゃ、ちょっと心構えがまだ出来ていないんですが…。

てな感じで試験開始です。
試験会場は50人くらい入れる広い教室で、真ん中に席が用意されていました。
試験官は60歳過ぎくらいの品の良い日本人のおじさんで、航空局の試験官って感じです。
あとは、補助の試験官が1人いました。
*これから先の会話は全て英語で行われます*

試験官とは机を挟んで向かい合わせで座り、試験開始です。
まずは、簡単な日常会話から始まります
試験官:「How are you ?」
自分:「ア、ア、アイム ファイン サンキュウー」

試験官「How did you come here?」
自分:「あ、あ、アイ カム ヒヤァ バイ エアプレーン」

まぁこんな感じです。試験官も日本語英語なので比較的聞きやすいです。
他にも軽く、乗った飛行機等の航空経歴を聞かれます。

次に一枚の絵が出てきました。
a0272033_22414019.jpg
こんなアメリカンなヘタ絵です。
自分の場合は、格納庫に飛行機があり、パイロットや整備員、乗客がうろうろしている絵でした。
試験官:「この絵に描かれていることを説明して下さい」*英語
自分:「ゼア イズ エアプレーン イン ザ ハンガー」
など思いつく限りにしゃべります。
10個以上言ったので、そろそろいいかなと思って、一呼吸入れますが、試験官は黙ったままです…。
自分「…まだ言わなきゃ駄目なのか…。」
そんで、2,3個追加したところでこれは終わりです。

次に実際のATCを行います。
まずは、機番、出発空港、目的空港、高度などが書かれた紙を渡されました。
試験官:「Have you been NIGATA airport?」
自分:「の、の、ノー」
試験官:「OK」
机の上につい立を置いて、お互いが見えないようにしてATC開始です。
試験官:「JA58GA contact Nigata Aprorh 112.45」
自分:いきなりそこからかい!「contact Nigata Aprorh 112.45 JA58GA」

こんな感じでATCが続きます。
正直、周波数なんかぜんぜんリードバックできず、適当な周波数を言いました。
だいたい周波数事前に調べとくもんだし、実際、間違ってたら違うって教えてくれるしね。(言い訳)

すると、つい立の下から一枚の紙が…
a0272033_2301859.jpg
こんな感じです。
自分の場合は、アプローチ中に乱気流に飛行機が突っ込んだ絵です。
試験官:「状況を説明して下さい」*英語
自分:「エアプレーン イズ エンカウタリング マイクロバースト」
試験官:「この場合、管制官になんていいますか?」*英語
自分:「ニイガタ アプローチ リクエスト アナザー ヘディング デュ テゥ マイクロバースト」 
もっとたどたどしかったですが、こんな感じです。
そんで、着陸時にも着陸復航を指示されたりしてATCは終わりました。
ATCが終わると、そのATCについて聞かれました。
「アプローチ中に何がありました?」や「なぜ着陸復航を指示されたか説明して下さい」等いろいろ聞かれます。

これが終わると次の問題です
また絵が出てきました。こんどは四コマです。
a0272033_23103221.jpg
こんな感じです。
自分の場合は、パイロットが遅刻して、ノータムを良く読まず離陸、飛行中にたくさんの気球に近づいてしまい、着陸してニアコリジョンレポート提出という4コマです(全然おもしろくない 笑)

試験官:「この絵を見て、準備ができたら自分のタイミングで内容を説明して下さい」
自分:てきとうに内容を説明します。

試験官:「離陸前に一番大切なことはなんですか?」*英語
自分:「飛行機に乗る前に準備を完全にしておくことです」*英語

試験官:「OK,試験はこれで終わりです、今日はこれからどうされます?」
自分:「アイハブ ノープラン アイ ウィル ゴー トゥ ホテル」

てな感じで試験は20~30分で終わりました。
かなり、たどたどしい英語の上に、文法も時制もむちゃくちゃなので、ダメっぽいな…。
[PR]

by katsusesho | 2013-02-21 22:41 | その他