佐賀 クヌギ散策

佐賀にクヌギを探しに行ってきました。
a0272033_12341310.jpg
上の写真のような開けた場所で等間隔に植えられているクヌギで採集できるのが理想なんですが、そんな甘いことはありません。
良いクヌギは普通の人がこないような林道の奥の藪の中にあることが多いんです。
しかし、クヌギは植林されていることがほとんどなので、人里から大きく離れた場所にはありません。
人は近くに住んでるけど、採集にくる人はいないってのが理想です。

この時期の開拓は少し汗をかくし、虫も多いので大変ですね。
目標は人が来てないようなクヌギ!
とりあえず林道をぐるぐる走り回って、双眼鏡で怪しい木を確認、クヌギと確信したら藪漕ぎって感じです。
a0272033_12341313.jpg
それでもウロのあるクヌギはほとんどありません。
a0272033_12341327.jpg
佐賀だから人が来てないクヌギはオオクワが生息している可能性があります。
しかし、佐賀で人が来てないようなクヌギはほぼありません。
a0272033_12341410.jpg
台場クヌギになっていてもウロがないクヌギがほとんどです。
a0272033_12341550.jpg
道端にあるクヌギは採集痕が必ずありますね。

a0272033_12341566.jpg

a0272033_12341707.jpg

a0272033_12341629.jpg

a0272033_12342557.jpg
これは立ち枯れにニクウスバダケが巻いてるクヌギが横にある巨大クヌギです。
冬に材割りしたらオオクワとれそうですね。
こんだけいい材が残ってるってことは人が来てないのかな~。
生きてるクヌギは樹液がでているようだったから、夏は要チェックです。

あんまりいいクヌギはありませんでしたが、開拓はこんなもんですね。
夏に確認すると状態が劇的に良くなっている場合もあるので、もう一度見に行ってみよう。


[PR]

by katsusesho | 2017-05-15 12:52 | クワガタ採集