カテゴリ:旅行( 28 )

マッスルビーチ ベニス

ベニスにあるマッスルビーチに行ってきました!
a0272033_23284359.jpg

マッスルビーチは砂浜近くに公営のトレーニング場があり、世界中のボディビルダーの聖地となっているところです。
時々、大会なんかも開かれているようです。
この周辺の砂浜はベニスビーチと呼ばれていて、その一部がマッスルビーチとなっているようです。

この日はあいにくの雨模様で、カリフォルニアの青空はなく、モンスター達も見かけません。
なんだかこの青空ジムも営業してないみたいでした。
ジムは15ドルくらいで利用可能だそうです。
周辺はこんな感じです。
a0272033_23301715.jpg

a0272033_23311128.jpg

このベニスビーチは観光名所になっているようで、海岸沿いにはお土産物屋さんや飲食店が並んでいます。
a0272033_23312998.jpg


一人寂しくポーズをとってきました。
a0272033_2335276.jpg
なぜか凄いうれしそうですね。
[PR]

by katsusesho | 2016-04-11 23:37 | 旅行

ゴールドジム ベニス1号店

ベニスにあるゴールドジムの1号店に行ってきました。
a0272033_18471249.jpg

もちろん皆さんご存知の通り、ベニスのゴールドジムはあのアーノルド・シュワルツェネッガーが通っていた有名なジムです。
あまり情報がないので一回限りのビジターでも入れるのか心配でしたが、とりあえず行っちゃえってことで、ベニスに行ってみました。
ゴールドジムの周りは、明らかなボディビルダーがいっぱい!
日本のマッチョとは比較になりません、モンスターです。
写真が撮れないのが残念です。

とりあえず受付に行くと、一日20ドルで、ビジターでの使用が可能とのこと。
実際の会話では、お互いに何言ってるか分からなかったのですが、トレーニングしたい気持ちは通じました。
筋肉は世界共通語なのです。
(ちなみに、新規の人はIDが必要なので、パスポート等を持ってないといけません。
自分は、国際運転免許証で確認してもらいました。)

そんで得体の知れないプロテインジュースも買って、なんとか入場です。
まずは着替えるためにロッカーへ
a0272033_18543851.jpg

ん?ロッカーに鍵があったり、なかったりするな…?
近くの少しモンスターなボディビルダーに聞いてみると、どうやら自分で南京錠みたいな物を持ってきて、鍵をかける制度みたいです。
それじゃ、自分は鍵かけれないじゃんと思っていると、けっこうみんな荷物を持ってトレーニングしているみたいです。
ちなみに、館内は土足OKなので、トレーニングシューズは持ってくる必要はありません。

トレーニング場はこんな感じ
a0272033_1943224.jpg
室内は写真撮影禁止みたいなので、ほとんど画像がなくて申し訳ありません。(実際は、写真や動画を撮っている人はけっこういましたが、怖いので自分は遠慮していました)
中はこの画像くらいの部屋が三部屋あって、外のトレーニング場もありました。
知らないトレーニング機材もたくさんあって、かなり楽しくトレーニングすることができました。
もちろん、周りでトレーニングしているのは、モンスターばかり。
自分は、もやしっ子扱いです。
しかし、みんなトレーニング中はマナーが良く、気持ちよくトレーニングできました。
本当に強い漢は、優しい。なのでマッチョはみんな優しいのです。

壁には数々のボディビルダーの写真が飾られています。
a0272033_19123461.jpg


そんで、トレーニングが終わると、昼食です。
もちろん行ったのは…
a0272033_19134636.jpg
ファイヤーハウス!
ここは多くのゴールドジムの人が通う有名レストランです。
ゴールドジムから歩いて3分で到着です。

メニューはこんな感じ
a0272033_1915316.jpg
ボディビルダーランチにボディビルダーディナー。ゴールドジムライスボウルなんてものもあります。
ボディビルダーにはたまらないメニューです。
自分はもちろんボディビルダーランチを注文!
来たのは…
a0272033_19172734.jpg
え…なにこれ…?
鶏のむね肉に大量のパスタです。トマトソースをかけて食べるみたいです。
味は…、ちょっとお勧めできないかも…。
まぁいいんです。修行の一環です。

マッチョになれたかな?
a0272033_19531675.jpg

[PR]

by katsusesho | 2016-04-09 19:20 | 旅行

つやま自然のふしぎ館*閲覧注意*

この前の旅行で津山市にある「つやま自然のふしぎ館」に行ってきました。
剥製やホルマリン漬けの動物や人間の写真が出てきますので、食事中の方等は見ないほうがいいです。
「つやま自然のふしぎ館」はワシントン条約が締結される前の1963年11月に開館した動物の剥製等を集めた博物館です。
ワシントン条約締結以前なので、貴重な動物の剥製が多数収集できたそうです。
初代館長も自分の体をこの博物館に提供していて、脳や肺を見ることができます。

入り口はこんな感じ。
a0272033_15571055.jpg
少し筋肉が増えてきました。

入るとすぐに白熊が…
a0272033_1558324.jpg
この白熊は触っていいんです。
毛は柔らかく温かそうでした。

中に入るとたくさんの剥製が
a0272033_1615722.jpg

いったい、何体あるんだって感じです。
a0272033_1624195.jpg

展示室は各地域別に分けてあり、世界中の動物が飾ってあります。
a0272033_1633580.jpg
また、白熊です。
白熊が立つとでかい。
こりゃ範馬勇次郎じゃないと勝てませんね。
他の展示にはヒグマに食べられた人が…
a0272033_16185397.jpg
北海道じゃアウトドアできません!

他にも奇形の展示物が
a0272033_16152543.jpg
単眼の馬です。なんか一つ目ってだけで怖いですね。
単眼は色んな哺乳類に起こるらしく豚もありました。
a0272033_16165088.jpg
それと人間も
a0272033_16171251.jpg
単眼の生物は生まれてもすぐに死んでしまうようです。

ここは動物だけではなく、昆虫の標本もありました。
a0272033_16195324.jpg

千代田産のオオクワです。
赤丸のやつはなぜか頭がさかさまに付けられてます。

いや~いろいろと衝撃を受けた博物館でした。
[PR]

by katsusesho | 2013-10-11 16:22 | 旅行

鳥取・島根旅行

みなさんは鳥取・島根県に行ったことがありますか?
実は自分は昔、鳥取県民だったことがあるんです。
そんで、岡山からは鳥取、島根に行ってきました。
鳥取では自分が住んでいた境港市に
境港市と言えば…
a0272033_21311136.jpg
水木しげるです!
ここには水木しげる記念館があり、多少賑わっているんです(笑)
境港駅からは」、水木しげるロードがあり、妖怪など水木しげる作品にでてくるキャラクターが飾られています。
a0272033_21332834.jpg
自分は妖怪とかUMAとか好きなんで、何度行っても楽しめますね~。
自慢じゃないですが、妖怪の半分くらいは名前が言えます。(9割くらいは知ってます)

ここのあとは出雲大社へ
さて、出雲は何県でしょう?
a0272033_21361361.jpg
そうです、出雲は47番目に有名な県・島根県なんです(笑)
出雲大社は縁結びの神様として有名なので、女性の参拝客が多かったですね~。
時間がなかったので、ささっと参拝を済ませ、すぐに今夜泊まる場所へ移動。

今回、泊まったのは島根県の有福温泉
a0272033_21412198.jpg
外湯の公衆浴場が有名な、こぢんまりとした温泉です。
ここのお湯もいい!
弱アルカリ性の温泉で肌に抜群に効きます。
ここの温泉に入ったら、次の日まで肌がしっとりです。
美人の湯と言われる嬉野温泉なんかより、よっぽど効能がありますよ。

次の日は近くにある水族館アクアスに
ここにはシロイルカがいます♪
a0272033_2146059.jpg
ちょっとデカイんですが、こいつが可愛い♪
頭も良く、人間の指示を良く聞きます
a0272033_21465329.jpg
小さい女の子が代表で、水槽の外から指示をだして「回れ~」をやったのですが、それを見てしっかり回ってました。

そんでアクアスのシロイルカと言えば、バブルリングです
a0272033_2149188.jpg
分かりますか?頭から出した空気を食べて、口から吐き出してバブルリングを作ります♪
口は肺と繫がってないのかなぁ?
良く分からないけど、可愛かったです♪
a0272033_21555469.jpg
頭から直接、バブルリングを出すこともできます♪
ちなみに、頭はぷよぷよで、触ったら凹んでいました♪
[PR]

by katsusesho | 2013-09-30 21:52 | 旅行

岡山 郷緑温泉

a0272033_2303666.jpg

岡山にある郷緑温泉に行ってきました。
ここは露天風呂で有名な湯原温泉の近くです。
宿は一つしかなく、奥に写っている古民家がそうです。
a0272033_2304781.jpg

ここは風情があって、5年前くらいに2,3回泊まりました。
郷緑温泉のお勧めは2つあり一つ目は、もちろん温泉です。
a0272033_2305935.jpg

ここの温泉はなんとこの湯船の底の岩の割れ目から湧き出ているんです。
どんどん湧いているのでお湯が綺麗。
そして、温度は35℃くらいと非常にぬる湯で長風呂ができて最高です。
泉質も弱アルカリ性で、肌もしっとりです。
そして、2つ目のお勧めは料理です。
a0272033_231958.jpg

そう、ここは温泉を利用してスッポンを養殖しているんです。
一枚目の写真の手前にみえるビニールハウスがスッポンの養殖場です。
これを鍋にすると…
a0272033_2311815.jpg

こんな感じです♪
鍋のほかにも唐揚げや刺身、モツなんかも出てきました。
温泉で育ったせいか、臭みなんかは全くなくめちゃくちゃ美味しかったです。
a0272033_2312569.jpg

[PR]

by katsusesho | 2013-09-26 23:01 | 旅行

藤子F不二雄ミュージアム

藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました♪
ここは川崎市の多摩区にある藤子・F・不二雄の記念館です。
中にはマンガの出来るまでや、ドラえもんやパーマンの原画が展示されています。(残念ながら館内は撮影禁止でした)
屋上にはドラえもんにでてくる空き地の土管や
a0272033_19193894.jpg

どこでもドアなんかも設置してありました♪
ここで小さい子は大はしゃぎで遊んでいました(原画展示なんかの場所は興味なさそうな雰囲気)
a0272033_19194454.jpg

中には綺麗なジャイアンが出てくる「きこりの泉」も
a0272033_19222798.jpg

藤子・F・不二雄は非常に子供思いだったようで、子供が読むものだからこそ正確に描かなければいけないと、マンガに出てくる昆虫や恐竜などの生き物は、図鑑を見て正確に描いていたそうです。

また意外にもこのミュージアムには西洋やアジアの外国人の方もたくさん来ていました。
藤子・F・不二雄は世界中で愛されているんですね。
[PR]

by katsusesho | 2013-08-25 19:20 | 旅行

DIALOG IN THE DARK

東京に行った時にダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました。
これは完全な闇を楽しむアトラクションで、お化け屋敷とはまた趣が異なります。
完全な闇とは、何時間たっても目が慣れて、何か見えるということがないような闇です。
この闇で、目以外の4感を使って、色々なことを楽しみます。
a0272033_1019588.jpg

アトラクションを室内で行われるのですが、季節ごとに中身を変えてあるようです。
自分が行った時は「東北の夏~祭り~」でした。
a0272033_102623.jpg


そんで内容なんですが、真っ暗なので、画像がありません。
持ち物も時計や携帯などの明かりを出すものは、預けないといけませんでした。
デコボコした道を歩くので、ハイヒールの人は運動靴を借りていました。

準備ができると知らない人8人でグループになり出発です♪
案内してくれるのは暗闇のエキスパート、視覚障害者の方でした。

最初は公園がある部屋に案内されました
ここはすでに真っ暗なので、どのくらいの広さか全く見当がつきません。
ヒグラシが鳴いていて、土や草の匂いがします。
その中で、自由に遊んでいいですよ~って言われましたが、恐る恐るしか動けません。
手探りで進んで行くと笹らしき葉っぱが、そしてブランコがありました。
ブランコに乗りましたが、暗闇だと酔いますね。
その他、水の音がする方に進み、丸太橋を渡ったりしました♪

そこで案内役の方に「四つん這いで渡っていますね」と言われてしまいました。
声が下の方からしているから分かったそうです。
ここでは視覚障害者のほうが見えているような感じがします。

その後は、人の家のゾーンやお祭りゾーンを体験しました。

そして暗闇の食堂へ。
ここでは、色んな軽食が頼めるのですが、自分はラムネとおつまみを頼みました。
みんなもジュースやお菓子を頼んでいました。
いや~、暗闇で食べる物って、不思議な感覚ですね。
何を食べているかわからないってのもありますが、味がしっかり味わえる気がしました。

その後、少し明るい所に戻り、ダイアログ・イン・ザ・ダークは終わりました。
人間ってかなりの部分を視覚に頼って生きているんですね。
完全な闇なんて経験したことがなかったので、非常に面白かったです。
[PR]

by katsusesho | 2013-08-25 10:34 | 旅行

8月15日 靖国神社

最近は忙しくて全然、ブログが書けていません。
先週は、東京に遊びに行ってきました。

そして8月15日は靖国神社に参拝に行きました。
a0272033_19273575.jpg

やはりこの日は人が多かったです。
a0272033_19274295.jpg

炎天下の中、参拝するのに30分以上並びました。

この日の靖国神社には様々な人がいて混沌としていました。
中にはこんな人も…
a0272033_19275020.jpg

様々な参拝の考え方がありますが、英霊を敬う気持ちは一緒なのです。
[PR]

by katsusesho | 2013-08-20 19:27 | 旅行

吐噶喇列島旅行記 宝島2日目

宝島2日目は朝5時30分から起きて、近くの前籠漁港の防波堤に一人で出撃です!
そんで、意気消沈して7時頃に浜坂荘に戻りました。

朝ごはんを食べて、レンタカーの軽トラを借りて、8時ごろから観光に出かけました。
まず、向かったのは宝島最高峰イマキラ岳です。
この辺りの地名は琉球言葉が混じっており、カタカナ表記や漢字でも独特な呼び方をするので面白いですね。

イマラキ岳へは一応舗装された車道を登って行くのですが、両側の草がボウボウで軽トラの側面がキーキーいってます。
草ボウボウの車道を登って行くと、電波中継施設にたどり着きました。
ここで車を停めて、2~3分、階段を登ります。
すると開けたところに出ました♪
a0272033_1055542.jpg

標高は291.9mとかなり低いですが、島の最高峰はどこも眺めがいいです。

そしてここには面白い物があります。
a0272033_1101516.jpg
トカラウマの展望台です。
さっきの写真はこの上から撮ったものです♪
台風が凄いためか、足の筋肉がムキムキですね♪
空気が澄んでいるときは奄美大島まで見えるとのことですが、この日は見ることができませんでした。

この後はキャプテンキッドが財宝を隠したといわれる鍾乳洞・観音洞に向かいました♪
a0272033_23292640.jpg
観音洞は宝島の南海岸から少し奥に上がった場所にある洞窟です。
いかにも財宝が隠されていそうですが、今のところ昔の鏡や古銭が見つかっているだけのようです。
a0272033_23313938.jpg
少し中まで探検しましたが、洞窟の中は特に整備などはされていないので、迷わないように奥までは行きませんでした。
トカラハブもいるしね。
実際は500メートルくらいの奥行きがあるそうです。

このちょっと先に大間海岸があります。
a0272033_2334458.jpg
大間海岸には小さな漁港あります。
この漁港はリーフを削って小船が出入りできるようにした所です。
ほとんど人が来ないのでとっても綺麗でした。
a0272033_2336118.jpg
もちろん、ここでも泳ぎました♪
水の透明度がとっても高い♪
ここにもサンゴがあり、熱帯魚が泳いでいてとても綺麗です。

自分はダイビングのライセンスを持っていて、グアムやパラオで潜ったことがありますが、それに匹敵するくらい綺麗でした♪
この港の中で泳いでいると、ラグビーボールより大きなコブシメ(イカ)がいました!

泳いだ後は島を一周して宝島港に行きました。
ここも立派な防波堤があるのですが、フェリーとしまは着岸しないようです。
この防波堤からみたイマラキ岳がまた綺麗!
a0272033_23445017.jpg
南の島!って感じですね!

この後は民宿で昼ごはんを食べて、まだ行っていない荒木崎灯台に行きました♪
a0272033_23462573.jpg
ここに行くためには牧場を抜けて行かないといけません。
牛止めの柵を開けて、軽トラを入れてちゃんと柵を閉めます。

荒木崎灯台の下は有名な釣り場荒木崎です。
トカラでの釣りを調べたことのある方なら一度は耳にしたことがある本「トカラ列島巨魚迎撃記 風乃戯言」の中で52キロのロウニンアジを釣ったのがこの磯です。

磯を覗くとこんな感じです
a0272033_23513577.jpg
人が居るのが分かりますか?
ここを降りるのは危険なので、灯台にめぐちゃんを放置して、自分は釣具を持って下まで降りました。
多くの釣り人が上り下りしているので道は分かるのですが、珊瑚の岩は尖って歩きにくいし、トカラハブもいるので降りるのは大変でした。
幸いトカラハブには咬まれることはなく無事におりることができました。
釣果は後ほど別に書くので割愛します(笑)

釣りが終わり、放置していためぐちゃんを回収して次の場所に向かいます。
しかし、さっきの柵まで戻ると…
a0272033_014473.jpg
黒毛和牛が道を塞いでいます。
クラクションを鳴らしてもどかないので、車から降りて、どいてくれるようお願いしていたらなんとかどいてくれました♪

この後は大籠海水浴場に!
a0272033_0174526.jpg
今度はめぐちゃんも泳ぎましたが、もう夕方になっていたので寒い寒い…。
ちょっと泳いで民宿に戻りました♪

トカラ最後の夕食はかなり豪華でした♪
a0272033_020227.jpg
ハンバーグにカンパチのお刺身、コブシメの煮付けまであります。
宝島まで来てハンバーグ?と思うかも知れませんが、この島では魚より肉の方が貴重なので民宿の方の心遣いかも知れません。(牛は基本的には鹿児島本土で屠殺するようです)

これに付け加え今回はさらに豪華なものも
a0272033_0232051.jpg
夜光貝です!
でかいサザエです♪
重さは2キロ以上なるやつもいるそうです!
素潜り漁師である民宿の主人が捕って来てくれました。
こんな食事ができて一泊7000円は安いなぁ。
他に泊まっている人と一緒に食べて楽しい時間を過ごすことができました♪

次の日は朝5時に起きて6時には出港するフェリーとしまに乗るために前籠漁港に向かいます。
a0272033_0302212.jpg
フェリーとしまは調度、朝日と共に現れました。

宝島はとても綺麗で楽しい思い出をいっぱい作ることができました。
また絶対に行くからね~!

次はトカラ釣り編となります。
期待しないで下さい(笑)
[PR]

by katsusesho | 2013-05-10 11:45 | 旅行

吐噶喇列島旅行記 宝島1日目

中之島の次は宝島に行きました。
宝島は鹿児島南埠頭からフェリーとしまで13時間、中之島からでも7時間掛かります。
中之島からは平島、諏訪之瀬島、悪石島、小宝島を経由して、やっと宝島に到着します。
トカラの有人島としては最南端に位置する周囲13キロくらいの小さな島です。
宝島は17世紀の海賊キャプテンキッドの財宝が隠されている伝説もあり、海外からも宝探しに来た人もいるそうです。
キャプテンキッドの話は笑い話でなく、幕末にはイギリス船がこの宝島に来航し、島で銃撃戦が起きて、イギリス人一人を射殺しているようです。
古くも倭寇や中国船など色々な船がこの島に来た記録があります。

フェリーとしまが発着するのはこの前籠港です。
a0272033_1615527.jpg
この港の壁にはこの様に前衛的な壁画が描かれています。

今回、お世話になったのは港近くにある浜坂荘です。
a0272033_16171116.jpg
浜坂荘の主人は素潜り漁師で、ダイビングショップ経営、シマノのインストラクターもしている海の男です。

まずは海の見える部屋を用意して貰って、昼ごはんのカレーを食べました。
その後は、泳ぎに行く為に、宝島の売店「コミュニテェーセンター」に行き、とりあえず帰りのフェリーとしまの券を購入し、お茶を買って大籠海水浴場に向かいました♪
a0272033_1621321.jpg
「コミュニテェーセンター」はトカラで一番の品揃えの売店です。自販機も2台あるしね。

大籠海水浴場は浜坂荘から歩いて30分くらいで到着しました。
道中は完全に南国な雰囲気です。
海水浴場はこんな感じです。
a0272033_16243369.jpg

誰もいないプラーベートビーチです!(この日は少し寒かったので当たり前か)
海の色も岩の雰囲気も完全な南国ですね!
泳いでみましたが、海の中もチョウチョウウオなど熱帯魚が泳いでます。
しかしながら、海水冷たく泳ぐのにはちょっと早かったです。

このビーチには建物もあり、シーズン以外は利用されてないようです。
a0272033_16293691.jpg

鍵はあいているようで、このビーチに一週間以上泊まっている人もいました。

このビーチの近くにはトカラウマがいるそうなので、帰りにそこにも寄ってみました。
a0272033_16303429.jpg
ここのトカラウマも人懐っこく、近くに寄るとすぐにやってきました♪
やっぱり小さくて可愛いですね♪

この後は、宿まで帰り、近くの温泉に行きました。
a0272033_16324049.jpg
友の花温泉保護センターです。
中はこんな感じ
a0272033_16345653.jpg
公衆浴場って感じですね。
お湯は塩化物が豊富なしょっぱいお湯です。
こういうお湯は温まりますね。
泳いで冷えた体にしみわたります。

この後は民宿に戻り、ご飯を食べ、釣りに行こうと思いましたが、明日の朝行くことにして寝ました♪
[PR]

by katsusesho | 2013-05-09 16:39 | 旅行