<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

対馬

対馬に行ってきました。
a0272033_1542212.jpg


行き方としてはフェリー、高速船、飛行機とありますが、所要時間/値段はフェリー5000円/4時間、高速船7000円/2時間、飛行機30分/10000円くらいです。

今回は往復共に飛行機で行くことにしました。
飛行機はジェット機のB737でした。(ボンバルディアのQ-400のときもあるみたい)
両方ともよくトラブルのある機体ですね。
a0272033_15511597.jpg


フライト時間は30分と短く、飲み物がでる時間もありません。
上昇が終わると、すぐに降下って感じで、水平飛行はほとんどありませんでした。
(話によるとこの方が燃費がいいらしい)

対馬についたらまずレンタカーを借りて北のほうに向かいました。
まず訪れたのは烏帽子岳展望台です。
本日は天気が良く、画像1のような対馬独特の島々を見ることができました。
ここではバードウォッチングしてる人がいました。

次はすぐ近くの和多都美神社に行きました。
ここは対馬でパワースポット的によくでている神社です。
海に続く綺麗なところです。

その後、かなり北上して対馬野生生物保護センター
ここには有名なツシマヤマネコがいます。
a0272033_15593658.jpg

さすがワイルドキャットです。
足が太く、頑丈そうでイエネコとは一線を画していますね。
a0272033_1605811.jpg
a0272033_1611649.jpg

模型やエサになるネズミも展示してありました。
ちなみに、対馬ヤマネコ天然記念物で、西表ヤマネコ特別天然記念物です。
特別天然記念物になるには日本の固有種であることが必要なのです。
対馬ヤマネコも西表ヤマネコもベンガルヤマネコの亜種で日本固有種ではないという説が有力なのですが、西表ヤマネコが発見されたときに、世論が盛り上がりすぎて日本固有種となってしまい特別天然記念物に指定せざるを得なかったという経緯があったようです。

この後、韓国が見える展望台などに行きましたが、韓国は見れませんでした。
(年に数回、冬の天気が良く、空気が澄んだ日にしか見れないそうです)

厳原に帰る途中に豊砲台跡に寄りました。
a0272033_1617361.jpg

ここは旧海軍の砲台跡で、砲本体は撤去されているものの、まだかなりの部分が残されていて見ごたえがあります。(ちなみにこの周辺はクヌギがいっぱい生えていますので要チェックです。行けばすぐ分かります)
自分はこういう近代遺跡を見るのが好きなので今後もちょくちょく出てくると思います。

次の日はシーカヤックをしました。
a0272033_16214215.jpg

シーカヤックでは浅茅湾内の色々な所を巡り、金田城跡の入り口に上陸しご飯を食べました。
金田城跡は667年に築城された山城です。
当時は日本軍が朝鮮半島内での白村江の戦いで大敗し、日本国内にも新羅と唐の連合軍が侵攻してくる恐れがあったのです。その防衛の為の最前線の城として機能していました。
その為か実用本位の城で作りもしっかりしています。

シーカヤックの後は「オソロシドコロ」に行きました。
「オソロシドコロ」は説明が難しいのですが下記のようなところです。
673年、対馬南部の豆酘郡内院村(つつぐんないいんむら)に超能力者が生まれた。
その母は虚船(うつろぶね、うつぼぶね)に乗って漂着した高貴な身分の女性であり、太陽に感精して子供を産んだ。太陽=お天道様であり、太陽の子=天童と名づけられた。
天童法師は嵐をまとって空を飛ぶことができ、上京して文武天皇の病を治し、「宝野上人」の菩薩号を賜った。
天道信仰の中心人物である天童法師の墓所が龍良山南面・浅藻(あざも)の八丁角(はっちょうかく)にあり、その母の墓所は北面の山中の裏八丁角にある。
その2つは特に強いタブーの地として「オソロシドコロ」と呼ばれた。
今でもオソロシドコロは聖域として対馬の人もあまり訪れない所です。

行く途中にあった店でご飯を食べ、店の人にオソロシドコロについて聞くと、そこはやっぱり地元の人間はほぼ足を踏み入れない場所だそうです。
煩悩を捨て、厄除けや心身健康のためと心して行ったほうがいいよと言われ、毒蛇もいるし、今の時期はスズメバチもいるからそれも気をつけるように言われました。
また、お参りが終わった後は長居をせずに立ち去るように言われ、立ち去る時も後ろ向きに歩いて犬や猫と言った動物の鳴き声を出しながら帰るようにと細かなことまで教えていただき、塩まで分けてもらいました。
a0272033_16424182.jpg

実際に現地に訪れると空気が重く、ただならぬ雰囲気でした。
自分もふざけた気持ちではいけないと思いながら御参りしました。

しかし、スズメバチ!?
途中の木にスズメバチがたくさん止まってる!?
クワガタ!?
その近くにはクヌギがいっぱいあり、クワガタもいました。
なんと昼にも係わらずツシマヒラタをゲットできました。
a0272033_16451026.jpg

↑クワガタをビニール袋にいれる自分

クワガタは10匹くらいだった飛行機に乗せてもいいと言われたので機内持ち込みしました。エックス線検査すると言われたのですが、嫌だと言ったら、中身を確認されただけで済みました。
[PR]

by katsusesho | 2011-09-17 15:34 | 旅行