法華院温泉

九州一の温泉・法華院温泉に行ってきました♪
何が九州一かと言いますと、標高が九州一なんです。
法華院温泉は九重連山の山腹に位置し、標高は1303mあります。
登山道は数ルートありますが、今回は一番ポピュラーな長者原登山口から雨ヶ池経由で坊ガツルを通るルートで行きました。
距離は片道5.4キロ、時間は2時間くらいです。
a0272033_15415788.jpg
長者原の登山口にあるお土産屋さんです。
ここにも温泉があり、意外と人が来ないのでけっこうお勧めの温泉です。
九重登山の帰りによく入ります♪
当日はあいにくの小雨が降る天気でけっこう寒いです。

ここから出発し、散策路のような整備された道を進むと登山道が始まります。
a0272033_1546739.jpg

岩が多いですが、人通りが多いので分かりやすく、歩きやすいですね。
最初の1時間くらいはだいたい登りが続きます。

1時間くらい歩くと登りはあまりなくなり、ちょっとしたアップダウンが始まります。
そして、ルートの半分くらいに雨ヶ池があります。
a0272033_15514764.jpg
ここは大雨が降った後は池のようになるようです。
春や夏にかけては湿地性の花が咲く綺麗な場所です。

雨ヶ池を過ぎるとまた森に入ります。
a0272033_15544288.jpg
当日は雨が降っていて、道は火山灰の土なのでドロドロになっていて歩きにくかったです
a0272033_15554810.jpg
このようなドロドロ道を進むと、急に視界が開け、坊ガツルに到着です。
a0272033_15565152.jpg
山に囲まれた中にこんな平野があるんですね。
ここを進むと目的の法華院温泉山荘が見えてきます。
a0272033_1558577.jpg
掛かった時間は2時間と予定通りでした。
ここの食堂でお昼ご飯を食べました。
注文したのはカレー800円と牛丼800円とカモの炭火焼600円です。
味は…まぁ山荘ですから文句は言えない程度の味です。でもカモの炭火焼は意外と美味しかったです。
そんで肝心の温泉です。入浴料は一人500です。
a0272033_1613145.jpg
ちょっと熱めですが、疲れて冷え切った体には最高ですね。とても気持ちよかったです。
お湯もドバドバ出ていて掛け流しのようでした。
外のテラスに出られて坊ガツルが一望できます
a0272033_1634876.jpg
晴れていたら最高なんだけどなぁ。

そんで温泉に入って気持ち良く過ごしましたが、行きがあれば帰りもあります。
しかも雨が強くなっている…。
a0272033_1651283.jpg
泊まりたい気持ちもありましたが、頑張って帰りました♪
[PR]

by katsusesho | 2012-11-26 16:05 | 登山

自然薯掘り&バスフィッシング

自然薯は買うもんじゃねぇ、掘るもんだ!
ってことで自然薯掘りにくわがた散歩道さんと行ってきました。
ホームセンターでヤマイモ掘り専用のスコップ2400円を購入して意気揚々と山に向かいます。
ヤマイモは結構どこでも生えていますが、斜面じゃないと掘るのが大変です。

現地に着いて、ヤマイモを探していると、見るからに達人っぽいおじさんが現れ、頼んでもないのに採り方を教えてくれました。
なんでも、自然薯は木に巻きつくくらい大きく、ツタも根っこ付近で3ミリくらいの太さがないと掘る価値がないそうです。
そのくらいになるとヤマイモは1メートルくらいになっているそうです。
ヤマイモ(自然薯)は一年では枯れず、何年も掛けて太くなっていくイモです。
特に冬の間は、葉っぱの栄養を根に蓄えて次の春を待ちます。
春になると根の栄養を使い、葉っぱやツルを伸ばします。

そんなんで、条件に合う自然薯を見つけてくれて、穴掘り開始です。
a0272033_1115752.jpg
2人で一生懸命ほりますが、でっかい石が出てきてうまいこと掘れません(泣)
最後には動かしようがないほどでかい岩がでてきて、断念しました。

とりあえず自然薯は中断して、バス釣りに変更です。
しかし、寒いのかバスもチーンです(泣)

腹減ったのでご飯を食べに行きました。
a0272033_1175181.jpg
散歩道さんお勧めの「せふり」さんの地鶏飯です。
素朴な味で美味しかったですね。
ここのご主人さんはイノシシ狩りをやるらしく、今度獲れたらおいでと言われました。
イノシシ解体とか非常に興味深いですね。今から楽しみです。

その後、場所を代えて自然薯掘りをしますが、折れたりして全て断念しました。
ていうか、きつい!
達人は掘りやすいところを探すのがうまいんでしょうな。

やっぱり自然薯は買うものですね。
散歩道さんはもう二度としないと言ってます。
ヤマイモ掘り専用スコップはどうすればいいんだ(泣)
[PR]

by katsusesho | 2012-11-25 11:19 | アウトドア

モクズガニ 捕獲

昨日は久々にモクズガニ用のカニカゴを上げに行きました。
一週間ぶりですけど、どうなっているでしょう?

さてさて現地に着いてカニカゴを一個上げてみると3~4匹程入っています。
しかし、カニカゴに穴が開いていて逃げているようです。
逃げてない奴はちょっと運が悪いですね。

そんで、もう一個上げてみると
a0272033_16543710.jpg
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
大漁です!!
久々にいっぱい入っていましたね♪
これで10匹以上捕獲です。

勢いに乗って次の川に行ってみると
ヒモが切られてる…。
しかし、水が引いてカニカゴは見えていたので回収です。
何にも入っていない。
エサの魚は骨だけにされているので、誰かが盗ったのは間違いありません。
最低だ。盗った上に切るとは許せません。
このカニカゴは大漁だった川に持っていって仕掛け直しました。

それと穴が開いていた部分は散歩道さんが器用に補修してくださり、前線復帰です。
また、捕れるかな?

この後は、またヒナカマキリを探しに行きましたが、全く居ませんでした。
秋の虫もぜんぜん鳴いてないし、仕方ないですね。
[PR]

by katsusesho | 2012-11-22 17:05 | アウトドア

航空英語能力証明(学科)

航空英語能力証明の学科試験を受けてきました。
航空英語能力証明は世界各地で外国人パイロットが英語での管制指示を理解することができず、重大事故が多発したためにICAOが国外飛行を行うパイロットに課した英語能力を証明するために必要なライセンスです。

簡単に言えば、英語の分からない奴は海外へフライトしちゃだめよってことです。

管制指示が聞き取れないことが原因で乗客が合計1000人くらい(例:大韓航空グアムにて墜落・225人死亡)亡くなっているので、このライセンスは非常に重要ですね。
試験は、学科試験に合格し、口答試験に進むって感じです。

学科試験は3ヶ月くらいに1回、東京か大阪で行われます。
地方に住む人には交通費が馬鹿にならないです。しかも2回も試験があるし。
試験料も学科22600円、口答試験29800円とかなり割高です。

そんで大阪に
a0272033_1211487.jpg

小さなビルでの試験を受けます。他にも航空関係の試験が同時に行われていました。
a0272033_12182158.jpg
能力という字が間違っています。よく間違えそうな間違いですね。

試験会場はこんな感じでした
a0272033_1220840.jpg
本日の受験者は10名です。男のみで半分以上の人が中年くらいでした。

試験は13:30分開始ですが、それより2,3分前に解答用紙に氏名や受験番号の記入を始め、13:40分くらいから、CDを聞き始めます。
過去問をやれば分かりますが、最初に例題が始まり、聞こえなかった人は手を上げて下さいみたいなことを言います。
そこで試験官がCDを止めて、受験者に音量がこれくらいでいいか聞かれました。
その後、13:45ぐらいにCDの最初から開始されました。
もちろん、聞こえなかった人は手を上げて下さいみたいなことを再び言いますが、今度は止めることはありません。

そんで試験開始です。試験内容は、管制官とパイロットのやり取りを聞いて、どんな状況かを4択から選ぶという奴です。1回のやり取りに3問問題があり、それが14回、42問あり、時間は30分くらいです。
選択問題は少しだけひねってあり、管制官やパイロットが使った用語を少し言い回しを変えていたりします。
例えば、Take offをDepartureって変えていたり、return to Tokyo airport がreturn to deperted airportになっていたりします。

選択問題の内容を理解するのにも時間が掛かりますので、問題を読んでからボイスを聞くっていうパターンで回答していった方が絶対にいいです。
おそらく、ほとんどの人がそんな感じで回答していたと思います。
マークシートは14回のボイスが終わった後に記入する時間が15分くらいありますので、ボイスが流れている間は答えは問題用紙に書いとくのがいいと思います。

管制官とパイロットの会話中は必ず、なんらかのアクシデントが起こります。
racoonとぶつかったり、ギアが出なかったり、エンジンが燃え出したりしますが、パイロットはあせった様子もなく、たんたんと会話しますので、かなり聞き取りやすいです。
こんな何事にも動じない冷静沈着なパイロットになりたいですね(笑)

過去問では管制官とパイロットは同じ2人が会話していましたが、今回の試験では途中から違う人に声が代わりました。音声の質も少し変わったので、ちょっと変な感じでした。

まぁなんだかんだで、試験は終わり、合格点くらいは取れていると思います。
次回は、もっと難しい口答試験なので頑張ります。

ちなみに自分は今のところ海外運行する予定はありません。
就職試験で有利になるので、今回受験することにしました。
[PR]

by katsusesho | 2012-11-20 12:53 | その他

ヒナカマキリ飼育

11月12日に採集したヒナカマキリを飼育しております。
小さい頃にカマキリは飼育したことがありますが、改めて飼って見ると面白いですね。
特にエサを捕まえる瞬間は小さいながら肉食生物の怖さを感じて楽しいです。
a0272033_1018226.jpg

エサは近くの草むらからコバエコオロギの小さい奴を目の細かい網で捕まえてあげています。
これをプリンカップに入れるんですが、入れるときにけっこうエサが逃げるので少し大変です。
ヒナカマキリの好みとしては、3~4㎜くらいのコバエを好んで食べます。
やっぱり動きが刺激的でいいんでしょうね。毎日、5~6匹は食べています。
逆に甲虫の小さい奴やダンゴムシ、イモムシ系は全く食べません。
1~2㎜くらいの小さなコバエも食べませんね。

飼育ケースはプリンカップを使用しており、中に葉っぱを少し入れています。
共食いをするので2匹は別々に入れています。
a0272033_10252222.jpg

側面にあるのはヒナカマキリの卵です。2匹とも卵を産みました。
まだまだ元気ですが、そろそろ寿命も近いのかな?
[PR]

by katsusesho | 2012-11-16 10:29 | アウトドア

モクズガニ&ヒナカマキリ(糸島・福岡)

月曜日にくわがた散歩道さんと、またまたモクズガニ&ヒナカマキリ採集に行って参りました。
モクズガニはもう終盤戦ですね。さてさて捕れているでしょうか?
現在、仕掛けているカニカゴは3個です。

2個仕掛けている現場に行ってみると、なんとカニカゴが手元まで寄せられているじゃないですか!
こりゃ捕られたな思っていましたが、普通にカニが入っていました。
あれ?子供のいたずらかな?
おまけにナマズまで入っていました。ナマズはけっこう汽水域まで生息しているようです。
まぁ、ここは潮がもろに影響するような場所からはちょっと上流域ではあります。

そんでもって次の現場に。
ここは川原に2mくらい飛び降りないと引き上げられない場所なので、いたずらなんかで気軽には引き上げられません。
a0272033_10301937.jpg
ここも入ってますね♪
小さいのはリリースして、合計4匹ゲットとなりました。

その後、岸壁に付いたカニやハゼを捕ろうとしますが、この日は全くいません。
いるのは小さなチヌやボラばかりです。この日いった時間帯は下げ潮だったので居なかったのかな?

次は市内に戻ってヒナカマキリ採集です。
最近はかなり寒くなってきて、捕れるか心配です。
寒い中、いろいろ探しましたがなかなかいません。虫の声もだいぶ減ってますね。
しかし、ここで散歩道さんが発見!
a0272033_1039730.jpg
まだ、いるんですね♪
その後、自分も発見して、この日は合計♀2匹ゲットです。
この2匹は自分の家に持って帰って飼育しています♪

ヒナカマキリは持って帰ったら2匹ともすぐに産卵しました。
卵も小さくて可愛いです。後ほど飼育状態も紹介したいと思います。

そんでこの日は面白いことが。
ヒナカマキリを捕って帰っていたのですが、この人気のない場所に女性が一人歩いてきました。
時間は深夜12時くらいで、少し街灯はあるものの人が気軽に来る様な場所ではありません。
夏ならまだ分かりますが、この日はけっこう寒い日です。
近くまで来てすれ違ったのですが、女性らしい綺麗めの服装をしています。
休みの日に天神に買い物に行くような感じです。
しかし、なんか身長がでかい…。やけに肩幅があり、顔もおっさんっぽい…。

ん?男?

女装癖のおじさんが深夜のお散歩をしていたのでしょうか?
ここなら人に見られることもないしね(笑)
おじさんの密かな楽しみを邪魔して申し訳ありません。

う~ん、外を出歩くと色んな生き物に出会いますね(笑)
[PR]

by katsusesho | 2012-11-15 10:55 | アウトドア

メゾンド・ヨシダ 桜坂 (福岡・レストラン)

先日、動物園の帰りに桜坂のメゾンド・ヨシダ に行って来ました。
a0272033_1025778.jpg
桜坂にはレストランがいっぱいありますが、ここはその筆頭ですね。
このレストランは1970年に中洲に創業したフレンチレストラン「花の木」の吉田 安政が、2007年にこれまでの集大成となるレストランとしてオープンしたそうです。

庶民にはディナーはちょっと高いので、ランチでの訪問です。
a0272033_1074630.jpg
ランチならば庶民にも手の届くようなお値段ですね。
本日はヨシダ一番のお勧め「今週のBコース 2200円」を頼みました。

まずはサラダがやってきました。
a0272033_10181043.jpg
野菜が新鮮でおいしいのはもちろん、ドレッシングが最高ですね。

その次はパンです。
a0272033_10192890.jpg
パンもうまい♪コンビニパンしか食べてない自分としては別物のように感じます♪

次は12種類の野菜がたっぷり入ったトマト風味のスープです。
a0272033_1021038.jpg
うまいね~。リコピンが利いてます(笑)

次にメインが♪
a0272033_1023331.jpg
ローストビーフです♪
自然牛タスマニア産牛のロースだそうです。タスマニア産自然牛ってなんなんだ?野生の牛なのかな?
どうりで、タスマニアの大地の風味とワイルドな味が口の中に広がります(ウソ)
西洋ワサビのソースが食欲をそそりました。よく分からないが、うまいのは間違いない。

めぐちゃんのメインはニューバーグ・温かいライスに魚介類とオマールエビクリームソースです。
a0272033_10295964.jpg

Poisson de GENKAIってことは玄海産の魚介類を使っているのかな?
どうりで、玄界灘の海の風味と新鮮なオマールエビの味が口の中に広がります(ウソ)
玄海灘にオマールエビはいないかな?まぁ、見た事はないですね。

やっぱり、カフェなんかのランチとレストランが出すランチは格が違いますね。
とにかくうまかったです。

デザートとコーヒーもついてますよ
a0272033_1036212.jpg


店内はこんな感じです。
a0272033_1037672.jpg


シェフの吉田 安政さんは店内をうろうろして、お客さんといろいろ気さくに話をしていました。
自分たちにも話しかけてきて「おいしいでしょう」とか言ってました。
自分でおいしいでしょうとか普通言うか?
たしかにうまいけど、よくいるちょっとうざいおっさんですね。
しかしながら、普通なおっさんなところに親しみが持てました。

Maison de Yoshida 桜坂
福岡市中央区桜坂1丁目6‐38
営業時間
1F/ La Paniére de Nimes 08:00〜22:00
2F/ Belle Provense[ドレスコードあり]12:00〜14:00 , 18:00〜22:00
TEPPAN-YAKI 「桜庵」 18:00~22:00
定休日/毎週火曜日、年末年始
TEL&FAX / 092-716-1685
[PR]

by katsusesho | 2012-11-13 10:47 | お店

リニューアル・福岡市動物園

リニューアルされた福岡市動物園に行ってきました♪
新しくできたのはアジア熱帯複合展示施設です。
a0272033_16173867.jpg

象舎は先に公開かれていましたが、10月30日より全体が公開され始めました。
しかし、その矢先にゾウの「おふく」が亡くなってしまいました。
a0272033_1628896.jpg

このゾウは37年も福岡市動物園にいたとのことで、自分が小さいときから見ていたのはこのゾウだったということになります。悲しいですね。おふくのご冥福をお祈りいたします。
残った「はなこ」も少し寂しそうに見えました。
a0272033_16541188.jpg


このゾウの施設を過ぎると、新たに公開されたゾーンがあります
a0272033_1629941.jpg

オランウータンシロテテナガザルの施設です。
オランウータンは4年ぶりに福岡市動物園に帰福したそうです。
a0272033_16341739.jpg

見るところはこんな感じ
a0272033_1643978.jpg


奥にはいるとコツメカワウソがいます
a0272033_1635313.jpg

ちょっと前まではなぜかパプアニューギニア館に入れられていたので、専用の施設ができて良かったですね。
コツメカワウソだけは、迷路のようになったチューブを抜けて、シロテテナガザルビントロングなんかの檻に行き来できるみたいです♪
今日は、ちょろちょろしてましたが、あまりチューブなんかは通ってくれませんでした。

この先には、ジャコウネコ科のビントロングがいます。
a0272033_16401063.jpg
前の施設はぼろぼろだったので、大出世ですね。しかし、臭いのは昔のままです。

ちなみに、昔ビントロングがいた檻にはホンドキツネがいました
a0272033_1642791.jpg
地味ですが種類が増えてます。
いろいろ施設が変わっていくのは変化があって楽しいですね。
小さい時から変わらない場所もあるのも福岡市動物園の良さです。
福岡市動物園は年に5回くらい行く、かなりのリピーターになっています。
年間パスポート買おうかな?
[PR]

by katsusesho | 2012-11-11 16:45 | アウトドア

安納イモ VS 紅はるか 焼きいも対決

この前、HCさんに教わった紅はるかを鹿児島の西山ファミリー農園で購入しました。
(HCさん、イモ情報ありがとうございます)
a0272033_2234620.jpg
そして本日の朝、自宅に届きました。
なんか手書きの手紙まで入っていていい感じです。自分はこんなのに弱いんです。
在来品種をはるかに超える美味しさから紅はるかと名づけられた幻のサツマイモ、どんなお味なんでしょうか?

さてさて、安納イモを超える甘さというからには、比べてみないといけません。
早速、安納イモも購入してきました。今日はマリノアで九州の物産展をやっていたのでそこで購入♪

そして、最近使ってなかったスキレットも登場です。
a0272033_2283151.jpg
スキレットは厚い鉄でできているのでこういう事もできるんですね。
オーブンなんかより絶対美味しくできますよ♪

まずは、錆止めに使っている油を少し温めてから拭き取ります。
イモに油の匂いがつくからね。
また、下にアルミホイルを敷かないと、イモの蜜や水分で焦げ付くので注意です。
準備はそれくらいです。

そして、蓋をしめて弱火で一時間ほどじっくりと焼きます。
その間は10分ごとぐらいにイモの向きを変えて、焦げるのを防ぎます。
焼き芋用の玉じゃりってのが売っているようなので、これを使ったらもっと美味しくできるかも。

出来上がりはこんな感じです。
a0272033_2229419.jpg

対決は、イモには無い、ねっとりとした食感の安納イモとほっこりとしたサツマイモらしい食感の紅はるかという感じです。
甘さは、安納イモの方が少し優っている感じがしましたが、サツマイモの焼き芋って感じでは紅はるかの方が優っています。紅はるかも普通のサツマイモと比べると甘さが飛びぬけています。

新しい感じの安納イモも美味しいし、今までのサツマイモを極めた感じの紅はるかも美味しいです。

う~ん、引き分け!

そして、イモを二つも食べてしまった自分はどうなるのでしょう?
ちなみに、こんにゃく中心におでんも食べました。

明日はおならが止まらないのでは!?
[PR]

by katsusesho | 2012-11-04 22:44 | 料理

完熟野菜の大自然CURRY &ネコカフェ

本日のお昼は完熟野菜の大自然CURRY にカレーを食べに行きました。
a0272033_21221069.jpg
ここは西新商店街の中にあるけっこう有名なカレー屋さんだそうです。
注文したのは
a0272033_21235185.jpg
Wビーフカレー890円と
a0272033_21241210.jpg
野菜どっさりカレー790円です。
Wビーフカレーの肉は3時間以上煮込んだ肉とのことで、とても軟らかく、美味しかったです。
そして、ここの店には色々な香辛料が置いてあり、好きに使って味をお好みに調整できます。
いろいろあるなか、自分が選んだのは
a0272033_21305131.jpg
最強に辛い香辛料?です。店員さんに気をつけてくださいねと言われるほどです。
興味本位にちょっと掛けてみましたが、辛過ぎます。咳と鼻水、涙と汗が止まりません。
こんなのは使うべきではないですね。
胃がおかしくなったのか、この後、ずっとお腹の調子が悪くなってしましました。

ちなみに自分が今まで一番辛いと思ったのは、南海の孤島・硫黄島に自生している唐辛子、島唐辛子です。
これはもう口に入れるものではありません。兵器になりうります。
自衛隊の時に先輩に食べさせられましたが、食べた後は、舌を水道で30分くらい流しても治りませんでした。誰も普通に食べれなかったので、おそらく平気な人はいないでしょう。


その後、キャットリラクゼーションカフェ・アイルーロスに行きました。まぁ、ネコカフェですね。
a0272033_2153273.jpg
こちらはオレンジ通りの方にあります。
30分・800円/1時間・1000円でドリンクが一杯付いてきます。
中ではネコがいっぱいいます。
a0272033_21561473.jpg
あんまり写ってませんが10匹以上はいたと思います。
おもちゃもあるのでネコと戯れることができます。
a0272033_21573725.jpg
ネコはよく分かりませんが、たぶん高いネコと思います。
a0272033_21581484.jpg
ちなみに撫でるのはいいですが、抱っこしてはいけません。なんかストレスを感じるそうです。
ここのネコは綺麗に洗ってあるので、ネコ臭さも全然感じませんでした。
そしてみんな大人しく、触ってもあまり嫌がらないのがいいですね。

ネコは可愛くて好きだけど、ネコを飼うほど生き物に責任を持てない自分はこんなところが癒されます。

ネコカフェでした。
[PR]

by katsusesho | 2012-11-04 21:43 | お店