クヌギ探し

土曜日、日曜日とクヌギ探しに行きました♪
土曜日はくわがた散歩道さんと糸島方面に。
こちらは散歩道さんが見つけたオオクワが取れたクヌギ周辺を探したのですが、台場、台場でかなりいいクヌギが大量にありました♪
すでに樹液が出ている木には、すでにコクワが
a0272033_2135799.jpg
基本的に農道から山道に入った所を捜索しているので、ほとんど人が来てる気配はないですね♪
夏にはオオクワ採集の報告ができるかも♪

日曜日は佐賀方面に、佐賀でも山間部の捜索です。
それが意外と見つからない…
頑張っていろんな森に入ってみると
a0272033_2139261.jpg
コナラにキノコが生えて、樹液が出ています♪
一応、ウロもあっていい感じですね。
この日はあまり木が見つからず、ウロがあって樹液がでている木はポツポツでしたね。

そんで今日もアナグマを見つけました♪
a0272033_21422731.jpg
昨日も糸島で見かけたので、子育てでエサを一生懸命探しているのかな?
昼間から出てくるとは珍しいです。
[PR]

by katsusesho | 2013-05-26 21:43 | クワガタ採集

仮屋湾イカ釣り

仮屋湾に行ってきました♪
最近はショアから全く釣れていないので、ボートでの釣りはとってもありがたですね。
本日の船長はもちろんくわがた散歩道さんです。
花屋弟さんと6時に仮屋湾で合流して、いざ乗船です。

最初にちょっとシーバスでも釣ろうとルアーを投げますが、全く反応がありません。
これが序章とは…。

その後、エギングに変更し、ディープやシャローといろんな場所を探りながら進みますが、全く反応がありません。
沖のほうにナブラが見えたので近寄って、ヒラマサ狙いでトップを投げますが、これも反応なし…。

仕方無しに沖の瀬でタイラバを落としました。
自分はよくするんですが、タイラバのフックにエサを付けます♪(倍釣れます♪)

何回か落とすと、ゴンゴンゴンという当り!
タイかな~と思いながら上げてみると…
a0272033_21414844.jpg
高級魚アコウゲットです!
その後もアラカブ等をゲットして、なんとかボウズは回避です♪

散歩道さんと花屋弟さんもテンヤやタイラバで、いいサイズのメバルをゲットしました。

しかしお土産をゲットすると本命のアオリイカを釣りたくなりますね。
三人でまたエギングを開始しますが、これが釣れない釣れない…。
かなりトーンダウンして、クラーボックスに座ったまま、機械的にエギを投げてしゃくっていると、サオに重みが…。
どうせ海草だろうと思ってましたが、かすかにグィーングィーンというイカ独特の引きがあるじゃないですか!
a0272033_21515975.jpg
ちょっと小さいけどアオリイカゲットです!
釣ったというか完全に釣れたって感じですね。

その後も色々回りますが、散歩道さんが一杯ゲットしただけ…。
そうこうしていると大きなナブラがありました♪
アジです。
アジが小さなキビナゴなんかを捕食しているようです。
散歩道さんは小さなジグ、花屋弟さんは小さなワーム、自分はたまたま持っていたサビキにジグを付けジギングサビキを投げました。
いや~ナブラがあっているだけあって、面白いように釣れますね。
楽しすぎて写真がぜんぜんありません♪

その後はアジで泳がせましたが、何にも釣れません。

今回は釣れないなぁ~と思ってましたが、納竿直前に花屋弟さんが甲イカとアオリイカを釣って全員安打達成です。

そんでなんだかんだで…
a0272033_21594674.jpg
結構釣れましたね。
なんか久々魚を釣った気がします。(実は先週壱岐まで行ってボウズでした)
散歩道さん、花屋弟さん、お誘いありがとうございました。
[PR]

by katsusesho | 2013-05-24 22:01 | 釣り

ごはん屋 今ここ

めぐちゃんの誕生日だったので「ごはん屋 今ここ」に行ってきました♪
「ごはん屋 今ここ」は桜坂にある、旬の食材を使ったコースが食べられるお店です。
このお店は予約しないと入れないので一週間前には予約をしておきました。
お店には看板がなく、住宅街の奥にあるのでたどり着くのが少し大変でした。

店内に入ると壁一面に絵が
a0272033_12135457.jpg
ジャングル的な絵ですね。

そんでメニューは
a0272033_1214473.jpg

メニューはなく、1コースのみです。
書かれている内容は素材のみ…。
これは楽しみです。
値段は夜は5750円、昼は5250円です。

まず出てきたのは柏もちです。
いきなり甘い物かよって思いましたが、これは甘くない柏もちで中には栗が入っています。
最初からいい意味で予想を裏切ってくれますね。

次はとうもろこしとのこと
a0272033_12191855.jpg
スープに入っている物は全てトウモロコシで出来ているそうです。
冷製スープでトウモロコシのアイスにスープがかかっていて、スナック?が乗ってます。
いやいや美味しかったです。
横にあるのはカラスミヤ、チーズとハムを組み合わせたものでこれも美味しいです。

次は魚料理です。
a0272033_1222375.jpg
タイ・イワシ・ハモ・水イカ(アオリイカ)・エツ・ミョウガです。
どれも旬の素材ですね~(ハモは夏なのかな?)
タイは笹に包まれてちまきみたいになってます。

次はこれです
a0272033_1230278.jpg
ズッキーニにズワイガニを入れた物を揚げてあるやつが美味しかったです。

次はこれ
a0272033_12315398.jpg
豆腐をあえたものにタケノコなどが入っています。
手前にある緑の芽はダイコンの芽とのこと。
ダイコンの芽はダイコンの味がしました。

この次は肉料理!
a0272033_1234268.jpg
カモ肉のハンバーグとフォアグラです。
カモは京都から取り寄せた合鴨だそうです。
カモとは書いてありましたが、ハンバーグとはやられました(笑)
フォアグラも型崩れせずに食べられて美味しいです。
ソースはほんの少し辛いソースで美味しかったです。

最後のシメは
a0272033_12384933.jpg
グリンピースご飯です。
お吸い物には麩が浮いていると思ったら、これはハスのクキとのこと。
期待を裏切る演出がいいですね~。

デザートは
a0272033_12403075.jpg
なんだっけ?
忘れてしましました。

どれもこだわった食材に面白い調理法で楽しく食べることができました。
1ヶ月くらいで食材が変わるそうなので、また行ってみよう♪

ごはん屋 今ここ
福岡市中央区桜坂3-7-8
092-771-5818
水-土12:00-14:00
火-土18:00-22:00
日・月・祝日休み
2月、8月休み
駐車場 有
[PR]

by katsusesho | 2013-05-17 12:46 | お店

吐噶喇列島釣行記

トカラに行ったので釣りをしたのですが、結果を言えばボウズ…。
バイトやチェイスもなく、GTは夢のまた夢…
でも、綺麗な海でルアーを投げれただけで幸せです!幸せなんです!


う~ん、幸せじゃない!

とりあえずトカラ釣行用に用意したのはレイジングブルRB100XR-2、 旧ソルティガ6500、PE8号、ルアーはハンマーヘッドのシャクレなどのポッパーやジグ等です。
これでも磯GT用としてはライトタックルですね。
堤防ならいいけど、磯からだと10キロ以上のGTは難しいかも知れません。

中之島では防波堤から投げましたがここの足場は高い!
a0272033_13331179.jpg
高さは海面から10メートルくらいはありますね。広さもサッカーコートくらいの大きな防波堤です。
トカラの防波堤は基本的にこの高さなので、魚を上げるときはみんな落としダモを使っています。

中之島では夜も釣りましたが風は強いし寒いしであんまり長時間釣る事はできませんでした。
a0272033_13375069.jpg


それでも昼間防波堤で釣りをしているとこんな奴が現れます♪
a0272033_133926100.jpg
アカウミガメ?
a0272033_13394138.jpg
マダラトビエイ?

中之島も5月の後半から7月の前半にかけてトビウオが産卵のために港の中へ入ってきます。
それを捕食しにGTやイソマグロ、サメなどがやってくるので防波堤から大物を釣るためにはこの時期にいかないとダメですね。

そんで宝島でも釣りをしましたが行ったのは荒木崎灯台下の磯です。
ここは黒潮がモロにぶつかる最高の釣り場のはずです。
この磯への下り方は、まずは荒木崎灯台に向かい、城之山牧場の牛逃走防止柵を開けてオフロードを進みます。そして灯台下に車を停めて、灯台へ進みます。灯台への道は直下から階段となっています。
階段を登ったら、灯台がありますので、灯台の裏に回ります。灯台の南西側(階段から上がって右奥)に上り下りしている跡がありますのでそこから下ります。
降りる途中にはトカラハブもいることがあるので注意が必要です。

下りるとこんな感じです。
a0272033_13462267.jpg
潮もいい感じに流れていて、潮目もでています。
a0272033_13465673.jpg
ここで1時間半くらいポッパーにペンシル、ジグを投げましたが全く当り無し…。

もちろん防波堤でも朝に昼に夜にルアーを投げましたが全く反応無し…。

同時期にリップルのテスターさんが来てましたが、こちらはGTのバイトやチェイスがあったようです。

トカラは甘くない!
[PR]

by katsusesho | 2013-05-15 14:07 | 釣り

吐噶喇列島旅行記 宝島2日目

宝島2日目は朝5時30分から起きて、近くの前籠漁港の防波堤に一人で出撃です!
そんで、意気消沈して7時頃に浜坂荘に戻りました。

朝ごはんを食べて、レンタカーの軽トラを借りて、8時ごろから観光に出かけました。
まず、向かったのは宝島最高峰イマキラ岳です。
この辺りの地名は琉球言葉が混じっており、カタカナ表記や漢字でも独特な呼び方をするので面白いですね。

イマラキ岳へは一応舗装された車道を登って行くのですが、両側の草がボウボウで軽トラの側面がキーキーいってます。
草ボウボウの車道を登って行くと、電波中継施設にたどり着きました。
ここで車を停めて、2~3分、階段を登ります。
すると開けたところに出ました♪
a0272033_1055542.jpg

標高は291.9mとかなり低いですが、島の最高峰はどこも眺めがいいです。

そしてここには面白い物があります。
a0272033_1101516.jpg
トカラウマの展望台です。
さっきの写真はこの上から撮ったものです♪
台風が凄いためか、足の筋肉がムキムキですね♪
空気が澄んでいるときは奄美大島まで見えるとのことですが、この日は見ることができませんでした。

この後はキャプテンキッドが財宝を隠したといわれる鍾乳洞・観音洞に向かいました♪
a0272033_23292640.jpg
観音洞は宝島の南海岸から少し奥に上がった場所にある洞窟です。
いかにも財宝が隠されていそうですが、今のところ昔の鏡や古銭が見つかっているだけのようです。
a0272033_23313938.jpg
少し中まで探検しましたが、洞窟の中は特に整備などはされていないので、迷わないように奥までは行きませんでした。
トカラハブもいるしね。
実際は500メートルくらいの奥行きがあるそうです。

このちょっと先に大間海岸があります。
a0272033_2334458.jpg
大間海岸には小さな漁港あります。
この漁港はリーフを削って小船が出入りできるようにした所です。
ほとんど人が来ないのでとっても綺麗でした。
a0272033_2336118.jpg
もちろん、ここでも泳ぎました♪
水の透明度がとっても高い♪
ここにもサンゴがあり、熱帯魚が泳いでいてとても綺麗です。

自分はダイビングのライセンスを持っていて、グアムやパラオで潜ったことがありますが、それに匹敵するくらい綺麗でした♪
この港の中で泳いでいると、ラグビーボールより大きなコブシメ(イカ)がいました!

泳いだ後は島を一周して宝島港に行きました。
ここも立派な防波堤があるのですが、フェリーとしまは着岸しないようです。
この防波堤からみたイマラキ岳がまた綺麗!
a0272033_23445017.jpg
南の島!って感じですね!

この後は民宿で昼ごはんを食べて、まだ行っていない荒木崎灯台に行きました♪
a0272033_23462573.jpg
ここに行くためには牧場を抜けて行かないといけません。
牛止めの柵を開けて、軽トラを入れてちゃんと柵を閉めます。

荒木崎灯台の下は有名な釣り場荒木崎です。
トカラでの釣りを調べたことのある方なら一度は耳にしたことがある本「トカラ列島巨魚迎撃記 風乃戯言」の中で52キロのロウニンアジを釣ったのがこの磯です。

磯を覗くとこんな感じです
a0272033_23513577.jpg
人が居るのが分かりますか?
ここを降りるのは危険なので、灯台にめぐちゃんを放置して、自分は釣具を持って下まで降りました。
多くの釣り人が上り下りしているので道は分かるのですが、珊瑚の岩は尖って歩きにくいし、トカラハブもいるので降りるのは大変でした。
幸いトカラハブには咬まれることはなく無事におりることができました。
釣果は後ほど別に書くので割愛します(笑)

釣りが終わり、放置していためぐちゃんを回収して次の場所に向かいます。
しかし、さっきの柵まで戻ると…
a0272033_014473.jpg
黒毛和牛が道を塞いでいます。
クラクションを鳴らしてもどかないので、車から降りて、どいてくれるようお願いしていたらなんとかどいてくれました♪

この後は大籠海水浴場に!
a0272033_0174526.jpg
今度はめぐちゃんも泳ぎましたが、もう夕方になっていたので寒い寒い…。
ちょっと泳いで民宿に戻りました♪

トカラ最後の夕食はかなり豪華でした♪
a0272033_020227.jpg
ハンバーグにカンパチのお刺身、コブシメの煮付けまであります。
宝島まで来てハンバーグ?と思うかも知れませんが、この島では魚より肉の方が貴重なので民宿の方の心遣いかも知れません。(牛は基本的には鹿児島本土で屠殺するようです)

これに付け加え今回はさらに豪華なものも
a0272033_0232051.jpg
夜光貝です!
でかいサザエです♪
重さは2キロ以上なるやつもいるそうです!
素潜り漁師である民宿の主人が捕って来てくれました。
こんな食事ができて一泊7000円は安いなぁ。
他に泊まっている人と一緒に食べて楽しい時間を過ごすことができました♪

次の日は朝5時に起きて6時には出港するフェリーとしまに乗るために前籠漁港に向かいます。
a0272033_0302212.jpg
フェリーとしまは調度、朝日と共に現れました。

宝島はとても綺麗で楽しい思い出をいっぱい作ることができました。
また絶対に行くからね~!

次はトカラ釣り編となります。
期待しないで下さい(笑)
[PR]

by katsusesho | 2013-05-10 11:45 | 旅行

吐噶喇列島旅行記 宝島1日目

中之島の次は宝島に行きました。
宝島は鹿児島南埠頭からフェリーとしまで13時間、中之島からでも7時間掛かります。
中之島からは平島、諏訪之瀬島、悪石島、小宝島を経由して、やっと宝島に到着します。
トカラの有人島としては最南端に位置する周囲13キロくらいの小さな島です。
宝島は17世紀の海賊キャプテンキッドの財宝が隠されている伝説もあり、海外からも宝探しに来た人もいるそうです。
キャプテンキッドの話は笑い話でなく、幕末にはイギリス船がこの宝島に来航し、島で銃撃戦が起きて、イギリス人一人を射殺しているようです。
古くも倭寇や中国船など色々な船がこの島に来た記録があります。

フェリーとしまが発着するのはこの前籠港です。
a0272033_1615527.jpg
この港の壁にはこの様に前衛的な壁画が描かれています。

今回、お世話になったのは港近くにある浜坂荘です。
a0272033_16171116.jpg
浜坂荘の主人は素潜り漁師で、ダイビングショップ経営、シマノのインストラクターもしている海の男です。

まずは海の見える部屋を用意して貰って、昼ごはんのカレーを食べました。
その後は、泳ぎに行く為に、宝島の売店「コミュニテェーセンター」に行き、とりあえず帰りのフェリーとしまの券を購入し、お茶を買って大籠海水浴場に向かいました♪
a0272033_1621321.jpg
「コミュニテェーセンター」はトカラで一番の品揃えの売店です。自販機も2台あるしね。

大籠海水浴場は浜坂荘から歩いて30分くらいで到着しました。
道中は完全に南国な雰囲気です。
海水浴場はこんな感じです。
a0272033_16243369.jpg

誰もいないプラーベートビーチです!(この日は少し寒かったので当たり前か)
海の色も岩の雰囲気も完全な南国ですね!
泳いでみましたが、海の中もチョウチョウウオなど熱帯魚が泳いでます。
しかしながら、海水冷たく泳ぐのにはちょっと早かったです。

このビーチには建物もあり、シーズン以外は利用されてないようです。
a0272033_16293691.jpg

鍵はあいているようで、このビーチに一週間以上泊まっている人もいました。

このビーチの近くにはトカラウマがいるそうなので、帰りにそこにも寄ってみました。
a0272033_16303429.jpg
ここのトカラウマも人懐っこく、近くに寄るとすぐにやってきました♪
やっぱり小さくて可愛いですね♪

この後は、宿まで帰り、近くの温泉に行きました。
a0272033_16324049.jpg
友の花温泉保護センターです。
中はこんな感じ
a0272033_16345653.jpg
公衆浴場って感じですね。
お湯は塩化物が豊富なしょっぱいお湯です。
こういうお湯は温まりますね。
泳いで冷えた体にしみわたります。

この後は民宿に戻り、ご飯を食べ、釣りに行こうと思いましたが、明日の朝行くことにして寝ました♪
[PR]

by katsusesho | 2013-05-09 16:39 | 旅行

吐噶喇列島旅行記 中之島2日目

中之島での2日目は、朝から御岳(トカラ富士)に登りに行きました。
9合目近くまで車道があるので、中之島荘で車を借りて(1日6000円ガソリン代含)登山口に向かいます。
途中で、落石が多く、それを避けたり、トカラヤギが出たり、天然記念物の鳥アカヒゲが出たりと山道も何かと楽しませてくれます。
車が行ける限界地点にはテレビの中継施設があり、そこに車を停めました。
登山客は自分達2人だけみたいです。

そんで登り口はこんな感じです。
a0272033_11214020.jpg
背丈の高い笹の中を進んで行くと、さっそくきつい登りが続きます。
a0272033_11223060.jpg
これを20分くらい登ると、だんだん笹の背丈が低くなってきて、辺りが開けてきました。
a0272033_1123276.jpg
ここまでくるとあと少しです。
笹が無くなった分、風がもろにきてちょっと寒いです。
ガレ場を登って行くと頂上に着きました♪
a0272033_1125275.jpg
所要時間は30~40分くらいかな?
低い山ですが、港や他の島も見ることができ、景色はいいですよ。
a0272033_1131053.jpg

トカラウマの牧場も見えました♪
a0272033_11344675.jpg


御岳は火山なので内側には噴火口があります。
a0272033_1126213.jpg
この噴火口では、室町時代くらいから硫黄を採掘して、中国に輸出したりしていたそうで、硫黄の採掘は太平洋戦争が終わるまで続いたそうです。
その他にも付近では金や銅などの鉱物も掘られていたようです。
確かに、今でも噴火口の中に硫黄採掘に使った石垣の様なものがあります。

煙が出ているので、下まで降りてみました。
a0272033_11362054.jpg
立派な硫黄の塊です。この煙を吸うと非常にむせて咳が出るので、体には悪そうですね。

この後、山から下りて民宿で休んでいると、一緒に泊まっているおじさんがセリ岬に行きたいので、連れて行って欲しいと言ってきました。
正直、おじさんと行くのは気が進みませんでしたが、セリ岬には行く予定だったので一緒に行くことにしました。(レンタカーは自分達が借りてるしね)

途中にトカラウマの牧場があるので、またここで遊びました。
a0272033_1347553.jpg
馬は遠くにいたのですが、資料館の人と同じように「おいで~」と呼ぶと、ちゃんとやって来てくれました。
言うことを聞いてくれてカワイイですね♪

その後はセリ岬に向かいます。
途中にはこんな絶景も
a0272033_1350930.jpg
リーフが見えますね。
サンゴは意外と北にもありますが、リーフ状になっているのは屋久島より南くらいからですね。

そんでセリ岬に到着
a0272033_1351529.jpg

うん、まぁたいしたことがない灯台ですね♪
周りは牧場と聞いていたのですが、牛はもうどこにも居ませんでした。
牛のフンはいっぱい落ちていたので、最近まで牧場はやっていたようです。

セリ岬から戻る時に、もう一度、底なし池に行きました。
すると、草むらにカヤックが置いてあるじゃないですか。
かなり長期間使ってない感じはします。
ちょっと拝借して…
a0272033_141273.jpg
スイスイ~っと
a0272033_1414277.jpg
まぁ順調に水面を漕ぎ出したのですが、普段着なんで転覆すると困るし、ヒルもいるので早々に止めました。

その後、民宿に戻り、夕ご飯まで防波堤で釣りをして過ごし、戻ってきました。
夕ご飯はこんな感じ
a0272033_144559.jpg
唐揚げとタケノコの味噌汁。島ラッキョウまであります♪
a0272033_1453567.jpg
捕りたてのカツオとシビのお刺身です。
あと、貝も美味しかったです。

そんなこんなで中之島の最終日は終わりました。
次の日は、朝6時ぐらいから次の目的地である宝島に行く為に再びフェリーとしまに乗りました。
a0272033_1483556.jpg
中之島よ、楽しい思い出をありがとう!

次は宝島に行きます!
[PR]

by katsusesho | 2013-05-08 11:37 | 旅行

吐噶喇列島旅行記 中之島1日目

吐噶喇列島に行ってきました♪
釣りやクワガタ採集をしている人ならご存知だと思いますが、吐噶喇列島は鹿児島県にある7つの島で、十島村という日本で一番長い村となっています。
鹿児島からのフェリーは週2便、それも海が荒れ、欠航することがしばしばの日本でも僻地中の僻地です。
フェリーは村営の「フェリーとしま」が運行されており、だいたい水曜、金曜の夜11時に鹿児島南埠頭を出発し、奄美の名瀬まで行って、2日かけて鹿児島に戻ってきます。(祝日や診療のために、ダイヤは時々変更されます)

今回は5月1日の夜11時出航の便に乗りました♪
a0272033_132996.jpg
目的地は中之島です。
運賃は二等席大人1人6010円です。
フェリーとしまの席はこんな感じです。
a0272033_1353968.jpg
なんと寝るためのマットが追加されてました!
これのおかげでだいぶ寝やすくなりました♪

フェリーとしまにのるとやっぱり有名なアングラーに会います。
今回はブルーウォーターハウスの廣瀬店長が乗ってました。
でも、まぁ半端なアングラーから話しかけられても困ると思ったので、話しかけることはできませんでした(笑)

そんなこんなでフェリーとしまは順調に七島灘を進み、口之島を経由して朝6時ごろに目的地の中之島に到着です。
a0272033_13205737.jpg

中之島はトカラの中で最も大きな島で、トカラ富士と呼ばれる御岳がある火山島です。

今回は中之島荘という民宿を予約していたので、船から下りると、車で迎えにきてくれました。
お宿はこんな感じです。
a0272033_13243721.jpg

普通の民家のような感じですね。

そこで朝ごはんを食べて港にある温泉へ行きました。
a0272033_13281143.jpg
元々は海岸沿いに沸いていた温泉のようですが、今は防波堤で囲まれています。
ちょっと風情がありませんが、台風のたびに建物が壊れていたそうなので仕方がないですね。
温泉は海岸沿いに西区温泉と500メートルくらい離れて東区温泉の二つがあり、似たような建物です。
中はこんな感じです。
a0272033_14244728.jpg

硫黄泉なのかな?
硫黄のいい香りがして、体に効きそうです。
温泉はけっこう熱いですが、水を入れて冷ますことは出来ます。(まぁ、あまりやらない方がいいですが)
温泉から上がり、民宿に戻ったあとは十島村歴史民俗資料館に行きました(閉館日だったのに民宿の方がお願いして開けてもらいました。ありがとうございます。)
歩きでは遠いとのことで、民宿の方に車を貸してもらって(無料)、出発です。
車では5,6分で着きましたが、坂道だったので歩いたらけっこう大変だったと思います。

民俗資料館はこんな感じ
a0272033_13443490.jpg
バックに御岳をたずさえています。
料金は一人300円です。
マンツーマンで案内してくれるので安いですね。
中は撮影禁止とのことですが、数枚ならいいとのことでした。
展示物は各島の紹介、十島村の歴史、昆虫から動物、生活用品など多岐に渡ります。

その中でも一際異彩を放っていたのがこれ!
a0272033_1350364.jpg
 
ボゼです!

かなり南洋な感じの出で立ちですね。
ボゼは悪石島の神様で、お盆のお祭りに現れます。
持っているボゼマラという男性器を模した棒で女性や子供をこづきます。
ボゼマラには赤土が付いているので、みんな泥だらけになってしまいます。

この面は毎年作り替えるため、一度使うと捨てられてしまうようです。
資料館に展示するにあたり、悪石島の人はボゼを島外に出すのをためらったそうですが、十島村のためにと展示することに同意したそうです。
ボゼは3人いて(古くは4人)、一人一人名前があるようです。

他にも昆虫の標本等があり、かなり見ごたえがありました。

資料館の前にはトカラウマの牧場があり、資料館の方に見れないか聞いてみると、「分かりました、呼んできま~す」と…。
牧場の人を呼んで来るのかと思ってましたが、資料館の人は牧場の柵の前で「おいで~」と馬を呼んでます(笑)

そんなんでは馬はこんやろ~(笑)
a0272033_13595247.jpg
すると、遠くにいた馬がやってくるではないですか(笑)
あれよ、あれよと全頭やってきました。

a0272033_14334435.jpg


草を上げていいですよと言われたので草を抜いて上げました♪
a0272033_1431147.jpg
カワイイ!
むしゃむしゃ草を食べてくれます♪
素直なトカラウマに癒されてしまいました♪

その後は中之島にあるという底なし池に行きました。
a0272033_146934.jpg

ここはヒルが生息しているようなのでちょっと注意が必要です。
いや、別にたいしたことはないただの池なのですが、小さな島に池があるのは珍しいのかな?
水深は深い所で4mくらいですが、底が泥状なので底なし池と呼ばれているみたいです。

この後は民宿に戻り防波堤へ釣りに行きました。
途中にあった自生しているバナナの木
a0272033_1483263.jpg

バナナはまだ青いやつがほとんどでした。

その後は再び温泉に。
今度は東区温泉です
a0272033_1491698.jpg

こちらは港から東の方にあります。
温泉から上がると、そばにある島唯一の自販機で喉を潤します
a0272033_14104440.jpg


温泉から戻り、民宿でうたた寝をしていると夕飯になりました
a0272033_14113724.jpg
民宿の方が漁師もやっているので、新鮮なお刺身がでます。名物のタケノコも!
非常に美味しく豪華な夕食でした♪
[PR]

by katsusesho | 2013-05-07 14:25 | 旅行

トカラに行ってきます

明日からトカラに行ってきます♪
a0272033_1245598.jpg

トビウオはきてるかな?

しばらく家を空けますが、お金になるようなものはないので泥棒さんは来ないでね。
[PR]

by katsusesho | 2013-05-01 01:26 | 旅行

二丈渓谷遊歩道

二丈にある二丈渓谷遊歩道に行ってきました♪
a0272033_134797.jpg
二丈渓谷遊歩道は「加茂ゆらりんこ橋から加茂川上流の渓谷に沿って約2kmの遊歩道で、渓流の音を聞きながら杉木立の中の散策を楽しめる。」とのことです。
この橋は加茂ゆらりんこ橋って言うんですね♪

歩き出すとけっこう傾斜がきつい
a0272033_155511.jpg
杉林の中を延々と登ります。
汗がじんわりと出てきます…。

これは遊歩道ではない…登山道だ!

いやいや普通に登山道です。
遊歩道ってもっと傾斜がないやつを言うんじゃないのかな?
パンフレットに騙されました(笑)

登りだしてしまったのは仕方がないので登り続けました。
途中には滝もあります
a0272033_114554.jpg

この川の上にはダムがあるので、水はいまいち綺麗ではありません。

一時間ほど登った先には加茂神社がありました。
a0272033_115621.jpg
帰りは車道があったので普通にテクテクと降りました。
[PR]

by katsusesho | 2013-05-01 01:15 | 登山