シロウオ捕り

a0272033_21484865.jpg

春の風物詩、シロウオ捕りに連れて行ってもらいました。
シロウオ?シラウオ?どっちがどっちなのって感じですが、福岡市の室見川で捕って、川沿いで食べてるのが、シロウオです。正式名シラウオは別にいます。
シロウオはハゼ科の魚で、本来は海に住んでいて、春になると産卵のために川の下流域に集まってきます。
自分はなにかの稚魚かと思ってましたが、どうやら5㎝くらいから大きくならず、産卵にきているのはもちろん成魚なんです。

シロウオは満潮の上げ潮に乗って遡上してくるので、狙うのは満潮前後です。
福岡の川だったらどこでもいるようです。
a0272033_21484777.jpg
今回はこんな感じの小さな川で捕りました。場所や捕り方によって漁業権に抵触するので注意しましょう。
シロウオはハゼ科ですが、底にいるわけではなく、群れで中層を泳いでいます。
目が慣れないとなかなか見えないので、探すときはよく観察しましょう。

捕り方は簡単
a0272033_21484794.jpg
ひたすら待ちます。
追いかけても、ちょろちょろ逃げるのでなかなか捕れません。
でもなぜか待っていると勝手に網の中に入るので、それじっと見張っておきます。
何匹か入ったところで引き揚げます。
a0272033_21484876.jpg
うまくいけば一回に20匹くらい入りますが、ほとんどは2~3匹でした。
a0272033_21484853.jpg
塵も積もれば山となるってことで、1時間くらいで100匹くらい捕れました。
写真は山分けした後なので少し減ってます。

帰ってからは
a0272033_21484916.jpg
ちょっと洗って
a0272033_21484924.jpg
てんぷら粉を付けてかき揚げにしてもらいました。
a0272033_21484979.jpg
お吸い物にもシロウオが入ってます。

室見川沿いのお店に行くと、けっこうな額をとられますが、リーズナブルに春の味覚を楽しめました。
穂高さん、ありがとうございました。



[PR]

by katsusesho | 2017-02-26 22:08 | アウトドア

脊振山山頂 2017/2/12

今年もまた雪が降りましたね。性懲りもなく、また背振に行ってみました
a0272033_10524400.jpg

2月12日は平地では雪は全くなくなっていましたが、背振に向かう板谷峠に登る道では、みはる荘付近から徐々に雪が残りだし、板谷峠付近では完全に雪道となっていました。
板谷から自衛隊道路に進むと、傾斜もきつくなり雪も増えてきました
a0272033_10571776.jpg
途中にはスリップして脱輪している車もあります。すでに放棄され運転手はいませんでした。
四輪ともに簡易チェーンを装着しているようでしたが、軽だとタイヤが細いし、滑ってしまうんですね。
歩いたら麓まで2時間は掛かるけど、どうしたんだろ?
a0272033_11014114.jpg


自分はチェーンは二つしか持っていなくて、最初は前輪二つに装着していたんですが、後輪が滑るので、前後に一つづつ装着すると滑らなくなりました。

そんでなんとか山頂まで到着!
a0272033_11051335.jpg

けっこういっぱい人が来てました。
意外にもにもフィットとか小さな車も来てました。
タイヤはスノータイヤ?スタッドレスタイヤ?みたいでチェーンはしていないようでした。
佐賀県側から登ると、多少傾斜も緩くて、雪も少ないのかな?スタッドレスのコンパクトカーは佐賀とか久留米のナンバーでした。
a0272033_11085419.jpg
駐車場の下は広場になっており、子供がいっぱい遊んでました。
けっこう雪深かったので、雪だるまを作ったり、雪合戦をしても地面まで露出することはありません。
a0272033_11105912.jpg
下山途中は天気が良かったので、福岡市が一望できました。
a0272033_11122548.jpg


[PR]

by katsusesho | 2017-02-13 11:13 | アウトドア