新装マリンワールド 海の中道に行ってきました!

4月12日に新装開店したマリンワールド 海の中道に行ってきました!
半年も閉館して改装していたんで、どこが変わっているか楽しみですね。
a0272033_21543396.jpg
入り口は…
そんなに変わってない感じ!
まぁ大事なのは中身ですよ!
入場券は大人2300円、年間パスポートは4500円。
2回以上行くなら年間パスポートの方がお得ですね!

入ってみると!
a0272033_21543442.jpg
なんか綺麗になってる!
人が多いんじゃないかと心配していましたが、グランドオープンして2回目の土曜日にしては、それほど混雑はしていませんね。

水槽コーナーは「九州の海」みたいなコンセプトで紹介されてます。
a0272033_22013387.jpg


シーバスとかね。九州の海やね。
a0272033_21543411.jpg
阿蘇の水源みたいなゾーンもありました。
a0272033_21543548.jpg
水が湧き出ていてけっこうリアルです。
これ作ってるとき楽しかっただろうなぁ。
以前ここは電気ウナギとかいて、実験コーナーみたなところだったっけ?
a0272033_21543641.jpg

オヤニラミが展示されていました!
さきに行くと大水槽が
a0272033_22012911.jpg
あんま変わってない!
でも魚の紹介パネルが液晶モニターになってたり微妙にグレードアップしてました。
あ、でもGTを見つけることができませんでした。
いなくなったのかなぁ?
ちょっと残念…

外にでると海獣コーナーも
a0272033_21543702.jpg
ここはけっこう変わってる!エサをあげたりできます。
a0272033_21543680.jpg
ペンギンの庭もありました。

そんなこんなしていたらイルカショーの時間です。
a0272033_21543730.jpg
…あんまり変わってない!
う~ん、柵とか変わったのかなぁ?

イルカショーが終わってランチタイムです。
レストランはイルカ水槽の下にあって、イルカが泳いでいるところを見ながら食事ができます。
a0272033_22145180.jpg
場所は一緒やね!
でも、人が多くて40分待ち…。
…諦めました。
前よりおしゃれになっとるね。
食べ物も前より気合が入っているようでした。

そうそう…
みんな、アイツがどうなったか気になってるでしょう?
福岡市民を震撼させたアイツ…





a0272033_21543369.jpg
ジャーン!
変わってない!!
半年かけた割りにそんなに変わってないマリンワールドでした。

こちらもよろしく↓
「BERTH」
http://kyushu-tsuri.com/

[PR]

# by katsusesho | 2017-04-22 22:27 | お店

釣り場紹介のHP「BERTH」

ちょっと前にドローンを買いました。
a0272033_10084778.jpg
色々と世間を騒がせていたDJI社製ファントム4です。
これを買って飛ばしています。

自分は自衛隊で飛行機やヘリコプターに乗っていたので、航空機の操縦や航空法、気象、無線については多少詳しいのですが、ファントム4は本当に簡単に操縦できますね。
恐らく小学生なんかに教えたら、30分ぐらいで普通に飛ばすことができると思います。
自称ドローンパイロットとかいるみたいですが、どれくらいの腕なんだろう?

ドローンを飛ばしていてよく聞かれることを書いておきます。

1.まず、免許は必要ありません。年齢制限とかもないので誰でも飛ばすことができます。
チンパンジーでも飛ばすことに問題はありません。

2.どこでも飛ばしていいの?
どこでもはダメです。高さは150mまでで、街中はダメです。
どこが街中に該当するかは国土交通省が明記しています。
あと、原発とか飛行場の近くもダメです。

3.性能はどれくらい?
電池で飛んでいて、飛行時間は公式には27分です。距離は3.5キロぐらいまで操縦可能です。
高さは1000mくらいまで上がれるようです。

こんなもんかなぁ。
飛ばしているとけっこう子供が寄ってきますよ。


ファントム4はカメラの性能も良く、かなり綺麗に撮影できます。
a0272033_10084805.jpg
ここは西の浦漁港です。
実は魚釣りに使えんかな~って思って、釣り場を撮影してみたんですよ。
てか、航空法で街中は飛行禁止で田舎しか飛ばせなかったんです。
そんでいろいろ撮影してみると、沈み根なんかもばっちり写ってます。

そんな訳で画像をみんなに見てもらおうとホームページを作ってみました!
名前は「BERTH」です。
http://kyushu-tsuri.com/

グーグルアースでも航空写真が見れますが、うちはそれ以上のクオリティがあると思いますよ。
グーグルアースは真上からの画像なので立体感がないしね。
自分も遠征とか知らない釣り場に行くときはグーグルマップをよく使っているんですが、あともうちょっと詳しく見たいって感じだったんですよね。


まだまだ色んなところに撮影に行く予定なので、リクエストとかあったら言ってください。

a0272033_10084912.jpg
釣り場は一応、本とかネットに掲載されている有名どころを紹介してます。
ここは俺の釣り場だから掲載するな!みたいなのもあれば言ってください。
a0272033_10084793.jpg
ここは野辺崎です。
沈み根はこんな感じであるんだって初めて知りました。

別に会員登録とかめんどくさいのはなく誰でも普通に見れるので、BERTHもよろしくお願い致します。

「BERTH」
http://kyushu-tsuri.com/

あ、魚の釣り方とか偉そうに書いてますが、うまい人に聞いたり本で調べたりして書いてるのでご安心下さい。
「お前、下手なのに釣り方とか書くな!」とかはやめてね。

[PR]

# by katsusesho | 2017-04-21 10:38 | 釣り

ヒラマサキャステング・ジギング (相島沖)

シロリンさんのボートで近海ジギングに行ってきました。

春になり大型のヒラマサが釣れる季節になってきました。
玄界灘周辺のヒラマサは5月あたりに産卵をすることが多く、この直前は栄養を蓄えるために荒食いを行うので、普段警戒心の強い大型のヒラマサが釣れやすくなります。
産卵に入ったヒラマサは捕食をしなくなるので、産卵期間のヒラマサは釣ることが難しくなります。
産卵後のヒラマサが釣れるのは、体力が回復してきた7月以降となります。


新宮漁港を出ましたが、この日は濃霧で遠くがなかなか見えません。

a0272033_17333637.jpg
この霧は、暖かい空気が冷たい海上で冷やされて発生する移流霧と呼ばれるもので長時間(1日中)続くことの多い霧です。
3月~7月など春に起こりやすい霧なのでボートやカヤックを出すかたは注意して下さい。
コンパスやGPSがないと視界が利かない状態では位置が分からず遭難してしまいます。

この日もカヤックで釣りをしている人がいっぱいいました。
多分アオリイカ狙いでしょうね。
カヤックフィッシング流行ってますね。
a0272033_17333832.jpg

相島はこの通りです。
a0272033_17333733.jpg

三人で相島近海でジギング、キャスティングをしましたが、バイトはあるもののフッキングまでいたらず、ヒラマサの釣果は1匹のみでした。
キャステングはさんざん投げて、夕方に一発出ただけです。
そこそこデカかったのですが、のせることはできませんでした。

この日の午前中は上げ潮で、潮の動きがあまりありませんでした。
午後からは下げ潮になり、潮の動きが良くなりヒラマサのバイトも増えました。

基本的に下げ潮の時の方がよく潮が動き、魚の活性が上がることが多いような気がします。
潮の動きをあまり気にしない方もいますが、少し注目すると釣果が上がりますよ。

途中でシロリンさんの知り合いが近くで釣りをしていてイサキがいっぱい釣れたので根魚と交換しようと海上で待ち合わせしました。
霧が濃く音は聞こえるものの姿は見えず、急に船体が現れました。

a0272033_18491008.jpg

ちょっと幽霊船みたいです。
イサキはけっこう良い型がいっぱい釣れたみたいです。

潮止まりにインチクで狙った根魚の釣果はそこそこです。(自分の分だけの写真です)

a0272033_17384547.jpg

高級魚であるオコゼも釣れました。

a0272033_17384438.jpg
オコゼは背びれと頭部のトゲに毒があるので、刺されると激痛に襲われます。
刺されない限りは大丈夫なので背びれと頭部のトゲをハサミやニッパーで切ってから食べましょう。
身に毒はありません。
a0272033_17384491.jpg

漁港に帰ってきても濃霧が続いていました。
シロリンさんありがとうございました。


[PR]

# by katsusesho | 2017-04-17 17:39 | 釣り

アナゴ釣り 2017

寒桜が咲いたり、ちょっとずつ春が近づいてきましたね。
ちょっと渓流も気になるんですが、とりあえずお気軽なアナゴ釣り行ってきました!
タックルはほとんど新品で揃えました。
a0272033_00000026.jpg

といってもエサも入れて2000円くらいです。バケツは前から持ってたやつです。
エサはキビナゴです。まぁアナゴはなんでも食べるからイカでもサバでもいいみたいです。

そんでキビナゴを半分くらいに切って、ウナギ針に付けます。
そんで投げます。
a0272033_23595913.jpg
待ちま~す。



春が近づいてきたといっても夜はまだまだ寒いな~

……

………

…………ぜんぜん釣れませ~ん!

まだ水温が低かったようです…。

エサがなくなってないか確認するためにリールを巻くと、ちょっと手ごたえが
a0272033_23595864.jpg

思いっきり小さいのが付いてました。鈴も鳴らんかったです。

それっきりです

…飽きたのでもう納竿です。

またリールを巻くと何か付いてます
a0272033_23595879.jpg
ウミケムシ!触ったことないけど、触ると痛い目に合うらしいです。
それにしても、ウミケムシはキビナゴを丸のみにするくらい大きな口してるんですね!
知らんかった。この日は小さいの一匹だけでした。

ついでに近くの川でシラウオ掬いしました。
a0272033_00000074.jpg
こちらは思わぬ大漁!まだまだいるんですね~。

次はでっかいアナゴ釣るぞ~。

そろそろトカラに行きたい病がでてきました。今年も計画中です。

[PR]

# by katsusesho | 2017-03-25 00:23 | 釣り

シロウオ捕り

a0272033_21484865.jpg

春の風物詩、シロウオ捕りに連れて行ってもらいました。
シロウオ?シラウオ?どっちがどっちなのって感じですが、福岡市の室見川で捕って、川沿いで食べてるのが、シロウオです。正式名シラウオは別にいます。
シロウオはハゼ科の魚で、本来は海に住んでいて、春になると産卵のために川の下流域に集まってきます。
自分はなにかの稚魚かと思ってましたが、どうやら5㎝くらいから大きくならず、産卵にきているのはもちろん成魚なんです。

シロウオは満潮の上げ潮に乗って遡上してくるので、狙うのは満潮前後です。
福岡の川だったらどこでもいるようです。
a0272033_21484777.jpg
今回はこんな感じの小さな川で捕りました。場所や捕り方によって漁業権に抵触するので注意しましょう。
シロウオはハゼ科ですが、底にいるわけではなく、群れで中層を泳いでいます。
目が慣れないとなかなか見えないので、探すときはよく観察しましょう。

捕り方は簡単
a0272033_21484794.jpg
ひたすら待ちます。
追いかけても、ちょろちょろ逃げるのでなかなか捕れません。
でもなぜか待っていると勝手に網の中に入るので、それじっと見張っておきます。
何匹か入ったところで引き揚げます。
a0272033_21484876.jpg
うまくいけば一回に20匹くらい入りますが、ほとんどは2~3匹でした。
a0272033_21484853.jpg
塵も積もれば山となるってことで、1時間くらいで100匹くらい捕れました。
写真は山分けした後なので少し減ってます。

帰ってからは
a0272033_21484916.jpg
ちょっと洗って
a0272033_21484924.jpg
てんぷら粉を付けてかき揚げにしてもらいました。
a0272033_21484979.jpg
お吸い物にもシロウオが入ってます。

室見川沿いのお店に行くと、けっこうな額をとられますが、リーズナブルに春の味覚を楽しめました。
穂高さん、ありがとうございました。



[PR]

# by katsusesho | 2017-02-26 22:08 | アウトドア