福岡市中心部に生きるイタチ

我が家はマンションですが、一階なので猫の額ほどの庭があります。
また、ヨド物置がベランダ部分にあるのですが、最近なにか小動物が中に入ったりしているようです。
ネズミだったら嫌なので、狩猟のために買った罠を物置のそばに仕掛けておきました。
そしたら次の日…
a0272033_22141640.jpg
フェレット?
たぶん小さいのでイタチのメスですね。
イタチはオスとメスの差が大きく、オスの方がメスの3倍くらい大きいのです。
そんで、イタチのメスは鳥獣保護法により捕ってはいけないのです。
a0272033_22232860.jpg

というか自分は福岡市の中心部に住んでいるんですが、けっこう動物も頑張って生きているんですね。
もちろんイタチは逃がしましたので、イタチの最後っ屁はされませんでした。
[PR]

# by katsusesho | 2016-03-02 22:27 | 狩猟

2016年佐賀クヌギ2

またまた、佐賀にクヌギを見に行ってきました。
まぁ、佐賀の平野部にあるクヌギで採集にきていないようなクヌギは皆無ですので、ちょっと山に近いところへ。
細い農道、山道をうろうろしていると
a0272033_23213191.jpg
境界クヌギですね。
低い所で切られて台場状になっています。
小さいですがウロもあるし、樹液が出ていればクワガタがいてもおかしくありません。
a0272033_23232696.jpg
こっちはちょっと分かりやすところにあったので、期待はできませんが、下部だけでなく上部にもウロがあったので、少し有望です。こういうところはシーズン初期に行って、抜け駆けしないと採れないでしょう。

次は…
a0272033_23253998.jpg
これは…
細いがウロだらけで、いい感じですが…。
見て分かる通り、イノシシ防護用フェンスが曲がってます。
フェンスに足を掛けて、ウロを探ってる様子が目に浮かびます。
ここはダメでしょう。

今回は
a0272033_2328117.jpg
こんな崩れそうな橋を渡ったり、
a0272033_23282364.jpg
罠に捕まっているウリボウを見たり、あまりいいクヌギは見つからなかったですが楽しい一日になりました。
[PR]

# by katsusesho | 2016-02-29 23:29 | クワガタ採集

スッポン鍋の作り方

スッポン鍋の作り方です!
まずは、スッポンを釣りに行きます。
スッポンの探し方ですが、九州では中流~下流域の川に生息していることが多く、川底が泥ではなく砂地で、甲羅干しのできる岩場があることが条件です。
下流域といっても、汽水域にはいないと思うので、淡水のところを探して下さい。
一応、昼間には甲羅干しをしに岩に上がっていることがあるのですが、臆病な性格なので近づくとすぐに水に飛び込みます。基本的に、すぐに水に飛び込めるような岩の上にしかいません。
なので、探すときは遠くから見つけないといけません。

スッポンは川岸が護岸されている川ではなく、自然の残っている川だとどこでも生息していると思います。
川岸が護岸されていても、中洲等があれば、大丈夫です。
また、経験的にあんまり深いとこには生息していないと思います。
川の流れは、緩やかなところでないと釣れません。

はっきりいうと、糸島の川にはスッポンが生息しています。

釣れる時期は初夏から秋にかけてです。
水温が低いと活動が鈍くなり、冬には冬眠するので釣れません。

釣り方は簡単です。
ある程度頑丈な竿とリールで、中通しおもりにウナギ針というシンプルな仕掛けです。
まぁウナギ釣りとほぼ同じです。
エサは鶏のササミ極太ミミズなどを使います。
そんで、竿に鈴を付けてポイントに投げ込んで、待つだけです。
あと、スッポンは重いのでタモ網があったほうがいいですね。
a0272033_2332177.jpg

そんで釣れたら、針は外さず、途中で切ります。噛みつかれるからね。
釣れるまでには、ナマズやウナギ、クサガメなんかも釣れます。
スッポンを地面に置くと、超素早く逃げるので注意です。ウサギもびっくりのスピードです。
スッポンはカメとは違うのです。

調理の仕方はネットを参考にしてください(笑)
a0272033_2333391.jpg

スッポンの生き血は飲まない方がいいでしょう。なんのウィルスが入っているか分からないですから。
a0272033_2334234.jpg

うーん、うまい!
[PR]

# by katsusesho | 2016-02-23 22:59 | 料理

冬のクワガタ採集in佐賀県

佐賀にクヌギ探しに行ってきました。
冬場はクワガタのオフシーズンと思われますが、冬場こそいいクヌギを探す時期なのです。
理由は簡単、まずは葉っぱが茶色になってる、もしくは葉っぱが落ちていることで遠くからでも、クヌギの木が見つけ易い。
二番目に、汗をかきにくい。
三番目に、雑草が減っていてクヌギの木に近づき易い。
四番目に、スズメバチやマムシなどの危険な生き物がいない。
五番目に、クモの巣がないので快適
そういわけで、冬場にクヌギの木を探しています。
まぁ、冬場の危険な点としては、狩猟期間なので銃で撃たれたり、猟犬に追われたりすることですね。でも、民家から近いところは狩猟禁止なので里山は意外と安全です。

探す場所は、基本的に里山です。
クヌギは自生していないのでほとんど植林されたものか、植林されたものが増えたものなので、意外と山奥には生えておらず、人間の生息域にしか生えていません。
そんな感じで、細い農道を走っていると怪しいクヌギを発見!
近づくと、
a0272033_1654011.jpg
こいつはいいクヌギだ。
他にも近くには何本かいいクヌギが
a0272033_16543620.jpg

a0272033_1655573.jpg

一日回っても、全くいいクヌギが見つからない時もあれば、何本も見つかることもあります。
今回は見つかってよかったです。
夏が楽しみだ。
[PR]

# by katsusesho | 2016-02-22 16:56 | クワガタ採集

仮屋湾遊漁センター

佐賀県北部の仮屋湾にある仮屋湾遊漁センターに行ってきました。
a0272033_21221772.jpg

ここは海を仕切って魚を囲っている海上釣り堀です。
釣り堀と侮ってはいけません。ここは沖にある定置網で捕れた天然の魚を入れているので、半天然の魚が釣れるのです。(養殖の鯛も入れてありますが…)

今回はとりあえず真鯛狙いでフカセ釣りから始めました。
するといきなり凄い引き!
a0272033_21233530.jpg

ヤズの4.2キロゲットです!
PE1号だったので無理は出来ず、かなりドラグを出され、なかなかファイトを楽しめました。
その後は1.5キロ前後の真鯛がポツポツ釣れてけっこう楽しめます。
真鯛に飽きた後は、アジの泳がせでヒラメを狙いました。
ここはボーナスで超高級魚アラも一匹逃がしてあるので、それがかかったらいいなぁってな考えもあります(笑)
しかしながら泳がせでは、何も釣れず、タイムアップです。

ここは、トイレや休憩所、貸し竿なんかもあるので家族連れにはお勧めですね。
あと、釣った魚を捌く場所もあって、内臓やウロコを捨てて帰れるのもいいですね。
[PR]

# by katsusesho | 2016-02-20 21:33 | 釣り