タランドゥスペアリング

a0272033_19404369.jpg


タランドゥスをペアリングさせました。
ワンダーランド2で購入したCBF1オス70ミリ×メス47ミリです。
2匹を合わせた時はしばらくじっとしてたんですが
メスがオスの下に入り頭を2回くらい持ち上げると
オスが急にやる気になりました。

挿入時間が1分くらいだったんで、心配になり次の日も
ペアリングさせました。
2回目も1分くらいで終わっちゃっいました。
タランドゥスは結構淡白なんですね。

メイトガードしてたんで引き離してカワラ材に入れましたが
一週間経っても齧る気無しで産卵の気配がありません。

やっぱりカワラボトルに入れようかな。
[PR]

# by katsusesho | 2012-04-29 19:39 | クワガタ飼育

対馬

対馬に行ってきました。
a0272033_1542212.jpg


行き方としてはフェリー、高速船、飛行機とありますが、所要時間/値段はフェリー5000円/4時間、高速船7000円/2時間、飛行機30分/10000円くらいです。

今回は往復共に飛行機で行くことにしました。
飛行機はジェット機のB737でした。(ボンバルディアのQ-400のときもあるみたい)
両方ともよくトラブルのある機体ですね。
a0272033_15511597.jpg


フライト時間は30分と短く、飲み物がでる時間もありません。
上昇が終わると、すぐに降下って感じで、水平飛行はほとんどありませんでした。
(話によるとこの方が燃費がいいらしい)

対馬についたらまずレンタカーを借りて北のほうに向かいました。
まず訪れたのは烏帽子岳展望台です。
本日は天気が良く、画像1のような対馬独特の島々を見ることができました。
ここではバードウォッチングしてる人がいました。

次はすぐ近くの和多都美神社に行きました。
ここは対馬でパワースポット的によくでている神社です。
海に続く綺麗なところです。

その後、かなり北上して対馬野生生物保護センター
ここには有名なツシマヤマネコがいます。
a0272033_15593658.jpg

さすがワイルドキャットです。
足が太く、頑丈そうでイエネコとは一線を画していますね。
a0272033_1605811.jpg
a0272033_1611649.jpg

模型やエサになるネズミも展示してありました。
ちなみに、対馬ヤマネコ天然記念物で、西表ヤマネコ特別天然記念物です。
特別天然記念物になるには日本の固有種であることが必要なのです。
対馬ヤマネコも西表ヤマネコもベンガルヤマネコの亜種で日本固有種ではないという説が有力なのですが、西表ヤマネコが発見されたときに、世論が盛り上がりすぎて日本固有種となってしまい特別天然記念物に指定せざるを得なかったという経緯があったようです。

この後、韓国が見える展望台などに行きましたが、韓国は見れませんでした。
(年に数回、冬の天気が良く、空気が澄んだ日にしか見れないそうです)

厳原に帰る途中に豊砲台跡に寄りました。
a0272033_1617361.jpg

ここは旧海軍の砲台跡で、砲本体は撤去されているものの、まだかなりの部分が残されていて見ごたえがあります。(ちなみにこの周辺はクヌギがいっぱい生えていますので要チェックです。行けばすぐ分かります)
自分はこういう近代遺跡を見るのが好きなので今後もちょくちょく出てくると思います。

次の日はシーカヤックをしました。
a0272033_16214215.jpg

シーカヤックでは浅茅湾内の色々な所を巡り、金田城跡の入り口に上陸しご飯を食べました。
金田城跡は667年に築城された山城です。
当時は日本軍が朝鮮半島内での白村江の戦いで大敗し、日本国内にも新羅と唐の連合軍が侵攻してくる恐れがあったのです。その防衛の為の最前線の城として機能していました。
その為か実用本位の城で作りもしっかりしています。

シーカヤックの後は「オソロシドコロ」に行きました。
「オソロシドコロ」は説明が難しいのですが下記のようなところです。
673年、対馬南部の豆酘郡内院村(つつぐんないいんむら)に超能力者が生まれた。
その母は虚船(うつろぶね、うつぼぶね)に乗って漂着した高貴な身分の女性であり、太陽に感精して子供を産んだ。太陽=お天道様であり、太陽の子=天童と名づけられた。
天童法師は嵐をまとって空を飛ぶことができ、上京して文武天皇の病を治し、「宝野上人」の菩薩号を賜った。
天道信仰の中心人物である天童法師の墓所が龍良山南面・浅藻(あざも)の八丁角(はっちょうかく)にあり、その母の墓所は北面の山中の裏八丁角にある。
その2つは特に強いタブーの地として「オソロシドコロ」と呼ばれた。
今でもオソロシドコロは聖域として対馬の人もあまり訪れない所です。

行く途中にあった店でご飯を食べ、店の人にオソロシドコロについて聞くと、そこはやっぱり地元の人間はほぼ足を踏み入れない場所だそうです。
煩悩を捨て、厄除けや心身健康のためと心して行ったほうがいいよと言われ、毒蛇もいるし、今の時期はスズメバチもいるからそれも気をつけるように言われました。
また、お参りが終わった後は長居をせずに立ち去るように言われ、立ち去る時も後ろ向きに歩いて犬や猫と言った動物の鳴き声を出しながら帰るようにと細かなことまで教えていただき、塩まで分けてもらいました。
a0272033_16424182.jpg

実際に現地に訪れると空気が重く、ただならぬ雰囲気でした。
自分もふざけた気持ちではいけないと思いながら御参りしました。

しかし、スズメバチ!?
途中の木にスズメバチがたくさん止まってる!?
クワガタ!?
その近くにはクヌギがいっぱいあり、クワガタもいました。
なんと昼にも係わらずツシマヒラタをゲットできました。
a0272033_16451026.jpg

↑クワガタをビニール袋にいれる自分

クワガタは10匹くらいだった飛行機に乗せてもいいと言われたので機内持ち込みしました。エックス線検査すると言われたのですが、嫌だと言ったら、中身を確認されただけで済みました。
[PR]

# by katsusesho | 2011-09-17 15:34 | 旅行

種子島でオフショアGT

種子島の豊生丸にてオフショアGTに行ってきました。
a0272033_21221414.jpg

豊生丸は種子島にある有名船で、なかなか予約もできませんが、力武さんがずいぶん前に予約してくださったので何とか乗れました。(一年前に予約したらしい)
力武さんはGTルアーで世界的に有名なハンマーヘッドのテスターまでやっている天才アングラーです。
今回は、力武さんの知り合いの凄腕アングラー2人、計4人で行きました。
自分は初めてのオフショアGTですが、凄腕3人に囲まれ頼もしい限りです。

行ったのは8月9日から8月11日の3日間です。
1日目は福岡から車で種子島に向かったので、半日のみ乗船で次の日からが本番です。

2日目の早朝からドラマが起きました。
GTは掛かるとこんな感じです
a0272033_21241052.jpg

a0272033_21263449.jpg


釣れると大の大人が叫びます
a0272033_21244244.jpg


種子島海域はこんなシイラが釣れます
a0272033_21254345.jpg

根魚もちょっと違います
a0272033_21261049.jpg


自分はというとGTは釣れず…
a0272033_2140815.jpg

投げまくって疲労困憊です。
[PR]

# by katsusesho | 2011-08-10 21:21 | 釣り

トカラ列島諏訪之瀬島

トカラ列島の諏訪之瀬島に堤防GTに行ってきました。
a0272033_17352121.jpg

トカラの島には毎年梅雨時期になるとトビウオが産卵のために
港の中に入ってきます。
そのトビウオを捕食しにGT(ロウニンアジ)も入ってきます。
そのGTを堤防から狙うために釣り人もこの島にやって来ます。
a0272033_1742375.jpg


トカラ列島に行くには鹿児島南港からフェリーとしまに乗ります。
a0272033_17355711.jpg

運賃は鹿児島南港から諏訪之瀬島まで二等席往復で1万3640円です。
フェリーとしまは口之島から中ノ島、平島、諏訪之瀬島、悪石島等に寄港しながら南下し、奄美大島まで行き、そこから折り返して北上し、各島に寄港しながら鹿児島南港に戻ります。
諏訪之瀬島に滞在できるのはおおよそ24時間、島によって滞在時間は変わり南下するほど短くなります。
フェリーは鹿児島南港を金曜日の23時ごろ出発し、日曜日の20時ごろに戻ってきます。
(ちなみに次は月曜の23時に出発し、水曜の20時ごろに戻ってきて金曜日まで停泊しています)
これで土日休みの人は金曜日に仕事が終わってトカラで釣りができるのです。

しかし!!
トカラ近海は時化ることが多く欠航がかなり多いので出発前は天気図をしっかり見ないといけません。
行ったのはいいが帰れないこともあるようです。フェリー以外に帰る代替手段はないのです!
また出航しても港の状況により寄港しない島もあります。特に平島は港が外洋に面していて、波が高いことが多く寄港がスキップされることが多いそうです。

この日は波も穏やかで、しばらく快晴が続く予定だったので多くの釣り人が乗っていました。
人が多すぎて、フェリーとしま名物ゴザで廊下に雑魚寝の席も出ていました。

そして有名なルアーマンである稲さんやGT記録ホルダーのサップさんも同乗していました。

午前10頃にフェリーは無事、諏訪之瀬島の切石港に到着しました。
a0272033_17363340.jpg

自分が行った日は崖崩れの影響でで港が濁っており、状況を島の人に聞くと、もう一つある港、元浦港の方が良いというので元浦港まで移動することにしました。
しかし、小さい島とはいえ、島の裏にある港までは5キロくらいはあります(テキトーですが)
重い荷物を持って歩いていたのですが、それに見かねた釣り人に車に乗せてもらいました。
(レンタカーはないので民宿に借りる。民宿に泊まらない人は当然車がない)
なんでも聞くと、島にはこれといった産業はないので、夜釣りがメインで宿泊の必要がなくても民宿に泊まるのが礼儀だそうです。

それで元浦港に着いたのですが、みんな夜釣りのために寝るからと釣具をおいて民宿に帰ってしまいました。
a0272033_1739786.jpg

誰もいない港に放置されるMCワークスの竿やステラやソルティガが全部で20本近くあります。
おそらく一タックル15万円はします。てことは300万円が放置!!しかし盗んだところで、フェリーに乗らないと帰れませんので、賢い私は盗るのをやめました。

元浦港も濁っていたのですが、することがない自分は一人ルアーを投げていました。
まぁチェイスもバイトもなんにもないのですが、夜にライントラブル等は嫌なので練習です。

そうすると島にGTを釣るためだけに移住してきた釣具屋の人が何人かを引きつれ、UZU工房の諏訪瀬島専用ルアー「梅雨ブギィ」の実演販売が始まりました。

そこで「梅雨ブギィ」の操作方法を詳しく教わり夜に備えました。
「梅雨ブギィ」はシンキングペンシルで、群れから離れた弱ったトビウオをイメージして操作するとのことです。

夜になりルアーマンが集まってきてルアーを投げ始めたのですが、誰もバイトがありません。
時々、島の人がトビウオ掬いのために海面を強力なライトで照らすのですがトビウオはいません。

そうこうしている内に、切石港でGTが上がったとの情報が入って来ました。
なんでも35キロはあったそうです。(写真撮影後リリース)

早速、切石港にみんな移動です。
しかし!!ここでまた自分は移動手段がありません。
しかし!!闇夜に紛れて車の荷台に同乗することに成功。切石港に移動できました♪
a0272033_17374188.jpg


切石港でも20人以上のルアーマンがGTを狙っています。
トビウオもちらほら。

暗闇でお互い邪魔にならないようにルアーを投げますが釣れるのはギンガメばかり。
a0272033_17371380.jpg

a0272033_17383097.jpg



結局自分もギンガメしか釣れませんでした。
a0272033_1736537.jpg

そして夜が明け、フェリーが到着し、鹿児島南港に出発しました。
a0272033_17381063.jpg

徹夜の自分は鹿児島南港まで爆睡でした。
帰りは新幹線で博多まで帰りました(新幹線往復2万円くらい)

自分の装備
ロッド:レイジングブルRX-2
リール:ソルティガGT
ライン:PE8号
リーダー:ナイロン200ポンド
[PR]

# by katsusesho | 2011-06-18 19:34 | 釣り

トカラ列島口之島

トカラ列島にある口之島に行ってきました
a0272033_14531046.jpg


今回は初めてのトカラ列島で、自分と兄、力武さん、江藤さんの4人で行きました。
トカラ列島に行くフェリー「フェリーとしま」に乗る為金曜日の昼には仕事を切り上げ、力武さんの車に乗って鹿児島南港に向かいました。
鹿児島南港から口之島往復はおおよそ12000円です。
しかし、今回は荷物があったので車輌もフェリーに載せることにしました。
a0272033_154387.jpg

そこで知ったのですが、鹿児島南港から口之島間の往復には5万円くらい掛かるようです。
高すぎると思いながらもキャンプ道具等を手で運ぶ訳にもいかず車輌を搭載することにしました。

フェリーは金曜日の23時ごろ出発して口之島には土曜日の朝7時ごろに到着しました。
帰りのフェリーは日曜日の11時ごろなので滞在時間は28時間ほどです。
a0272033_157311.jpg


昼くらいまで港でルアーを投げたりエサ釣りをしていましたが、ダツがきたりオジサンが釣れたりするくらいなので気分転換にみんなでドライブに行きました。

そのついでに役場に行って港でキャンプをする申請をしました。

口之島には口之島牛という日本古来の和牛がいて保護されています。
(普通の和牛は品種改良のため多少外国の血が入っているようです)
日本古来の和牛は口之島と山口県の見島にしか残っておらず、見島の見島牛は天然記念物になっています。
a0272033_15114054.jpg

野生で生息していると聞いていたので簡単には見れないと思っていたら、道路に牛のウンチがいっぱい落ちていて、しばらく行くと普通にいました。(力武さんのハイエースはクソまみれになりましたとさ)

港に帰ってからは、自分と力武さんは近くの平瀬という場所に行くことにしました。
平瀬は満潮時は瀬になるのですが、ほとんどの時間は歩いて渡れます。
そこでもルアーを投げまくりますがダツしか釣れません。
a0272033_15173545.jpg


日が暮れかけてから港に戻り、自分はクエタックルで泳がせを始めました。
ラインは300ポンドで、リーダーはワイヤーです。
それを準備してから夕ご飯の準備を始めました。
ご飯と言ってもカップラーメンです。

ご飯を食べてサオを見に行くと、サオが竿受から外れ踊っていました。
サオは灯台にロープで結びつけていたのでなんとかセーフ!
やばいと思い、竿を持つと、重い!
尋常じゃない力でグイグイ引っ張られるので、こっちも引きます。
ラインは擦れてないし、切れるような太さではないので安心してやりとりをすると、サメが上がってきました。
このサメは計測すると15キロありました。
a0272033_15262851.jpg

写真を撮ったりしていたら、イセエビ釣りをしていた地元のおじさんが来て「このサメは美味しいよ」っていうので、自分はプレゼントしようと「それならあげますよ」といったのですが、おじさんは「いらない」って言ってどっか行っちゃいました。
(絶対不味いに違いない!!)
このおじさんは後でまた現れ、この港には50キロのヒラマサが来るなどウソばかり言ってました。

その後、また泳がせを始めましたが全く反応がありません。
暇なので、ちょっと離れたところにおやつを取りに行きました。

そうです、また戻ってくると竿が踊ってます。
今度は竿受が破壊され見当たりません。
急いで竿を持ち上げますが、さっきより重い!
やばいんで、江藤さんに加勢してもらいなんとか上げると、今度はエイです。
しかもかなりでかい!!
a0272033_15461976.jpg

a0272033_1547896.jpg

計測すると25キロありました。

その後は寒くなってきたのもあり、フェリーの待合所で眠りました。

次の日はみんなで赤瀬と呼ばれる口之島の一級ポイントに行きました。
(ちなみにウソツキおじさんは赤瀬は一晩でクエが5本も6本も釣れると言ってました)
a0272033_20582045.jpg


ここでルアーを投げまくるのですが、ダツしかつれません。
フェリーの時間が近づいてきたので今回はここで断念。
港に戻ることにしました。
結局、今回はGTなどの大きい魚を釣ることはできませんでした。

帰りにウミガメの甲羅が落ちてました。
a0272033_2101519.jpg


港では島の人が集まってきて船の寄港の準備をしています。
この島の男は副業として船会社から委託された船の発着の仕事をしているそうです。
a0272033_2125832.jpg


この後、鹿児島南港から車で帰ったのですが、力武さんはウンコまみれの車でタヌキを撥ねてしまい散々な釣行となってしまいました。
[PR]

# by katsusesho | 2011-04-10 14:50 | 釣り